コシアブラ は カタナノキ

       コシアブラの枝で刀を作る。                  (山荘にて)
          
       
       皮だけ切って柄と刀身を区別する。
                    

       刀身部分だけ皮を シコシコ とこすり、
                    

       ギュッとひねると、ピッ! 刀身部分の皮が浮いた。
          
                 
       子供の頃は競って大きい刀を作って遊びました。       
          

戦後の食糧難の時代だったのに、カタナノキの新芽が食べられる事は誰もが知りませんでした。 

コメントの投稿

Secre

三河では、トウダイノメちわっせるなあ!

 タラの芽もいいけど、コシアブラの方がやゝエゴミがあって好きな人が多い。

 今年は忙しくてナシ&カキ邸に寄れなかったけど、来年の今頃はフリーターなので持って行こうかねえ。

Unknown

刀の木=こんてつ(学名)春に出る若葉を天婦羅にするとなかなかの珍味だよなー
 以前のプログにあったけど良いもんだよなあー

カタナノキ、面白いでしょう!

 私は幼少のころに農村部落に疎開して、まわりには食べ物が結構あるのに自分の家には食べ物がなく、その頃から盗みをおぼえ、干してある芋切り干しや畑の茄子や瓜など・・・いやいや今はやってませんよ。
 そんな事を孫に伝承したらえらい事になりますからねえ
 

Unknown

いやー懐かしいですね。私も子供の頃は貧乏でおもちゃも買ってもらえませんでしたから木々や雑草で色々作った思い出があります。是非お孫さんにも伝承して下さい。
プロフィール
  トップ頁へ


杣(そま)

  •             管理画面
  • 杣一の フリートーク
    アンの小箱から    
     
      


    ネッ、チュー、シヨウ

    の季節がやって参りました。
     

    記事の分類
    ご訪問 ありがとうございます


    ブログ内の検索

    全記事一覧 ( )内は件数
    リンク