山荘のムラサキツツジ、タムシバ、シデコブシ、カタクリ

        山はまだ初春。
         タラの芽は陽当たりの良い入口の所で1本だけ芽吹き。山ツツジは蕾
          

        裏山でタムシバがひっそりと咲く。
         地元の人はコブシと言っているが、図鑑によりタムシバと判明。
          

        こちら、シデコブシ。手に似ているのでこの名が付いたとか。
          

        ヤヤッ、こんな所にカタクリさまではないか!
         伐採作業のど真ん中で一輪だけ。危ういところでした。
          

        おととし仕込んだ原木に初めて椎茸が出た。
          

        収穫あり!
          

コメントの投稿

Secre

otosigo 様

 このタムシバね、山荘の敷地内に何本でもあるのに最近まで知らなかったのですよ。
 陽当たりが悪くて花が咲かなかったので、何の木かなあって思っていましたが、数年前に木を切ったら陽当たりが良くなって1本が開花し、タムシバだと分かったのです。
 ところで例のシロハラ、otosigoさんのブログで知りました。
 うちの庭にも最近来ていたのですが、ヒヨドリとは歩き方が違うし、何という鳥かなあって元帥と話し合っていました。

imaiti 様

やっぱりこれ、カタクリですかね。
カタクリの群落などは見た事はありませんが凄いでしょうね!
わが山荘にはこの一輪しか有りませんが、この先どうなるんでしょう? 大事にしますよ。

山の春?

椎茸以外はすべて自然ものですよね。
“タムシバ”ってコブシのこと、その地方によって読み方が・・初めて知りました??。
先日のわがブログで、シキビと記載、」いったいどちらと論争が・・・「樒」シキミが正解とか、関西はシキビというそうです。
我が頭の中にはシキビが根付いていたから・・・

それに、シデコブシ、山つつじ、カタクリ、一面カタクリの群生になるといいですね

山の春はワクワクしますね
それに待ちに待った「椎茸」と、タラの芽が、・・
椎茸、焼いてお塩で・・・うん??ジュウシーな味が
伝わってきますよ、

これから山行きがますます楽しみですね。

山はにぎやかですね

現役でばりばり山歩きをされているのはうらやましい限りです。私などは朝の1時間の散歩が限界です。それにしても色々な木々や野草がにぎやかですね。
奈良にいた時カタクリの群落を見ましたが最近ではほとんど見ませんね。大事にしたいですね。
プロフィール
  トップ頁へ


杣(そま)

  •             管理画面
  • 杣一の フリートーク
    アンの小箱から    
     
      


    ネッ、チュー、シヨウ

    の季節がやって参りました。
     

    記事の分類
    ご訪問 ありがとうございます


    ブログ内の検索

    全記事一覧 ( )内は件数
    リンク