山の朝晩はまだ薪ストーブ。早くも来冬用の薪集め

モーニングで一服してから薪集めに出かける。


       檜の伐採山で切り捨てられたナラをいただく。もちろん断りのうえ。
            

                       切り残された株も勿体ないのでいただく。
                        

この斜面を林道まであげるのが大変。


           半日かかってこれだけ上げた。
            

                    山荘の前に貯めたナラの原木。早く処理しないと蛇が居つく。
                        
 昨年の暮れに一日がかりで同じ様に原木を林道まで出しておき、運びそこねて一冬ご無沙汰。先週末に行ったら見事に持ち去られていた。 クッソーッ

コメントの投稿

Secre

imaitiさん、おはようございます。

ずいぶん夜遅くまで起きておられるのですね!
1maitiさんこそ、寝るのが勿体ないくらい人生を楽しんでおられるご様子。

芽吹きの季節はお互い忙しいですね、また野草を見せて下さい。こちら山の草花をご紹介します。

Unknown

暖かい春になお家ではストーブ。煩わしいような贅沢なような。じっくりとスローライフを楽しんでおられますね。

otosigoさん、ようこそ!

 きょうは台風よりも凄い強風ですね、かないませんねえ。
 
 山の春の色ですか?! う?ん・・・何色かなあ 

 殆どがまだ芽吹き前で・・・「ちょっぴり春色」ですかねえ。

 ほどなく若芽色→つつじ色になりま?す。

ありさん??

もう、冬じたくを、一年の四季は、あっという間訪れますものね、
大変な動力で作業をされた、薪の木を盗むとは、
全く腹立ちしいことですね。

ところで山の春は?何色ですか、



プロフィール
  トップ頁へ


杣(そま)

  •             管理画面
  • 杣一の フリートーク
    アンの小箱から    
     
      


    記事の分類
    ご訪問 ありがとうございます


    ブログ内の検索

    全記事一覧 ( )内は件数
    リンク