栗の鬼皮の むき方

秋の一日、岐阜県にある山荘へ行き、栗を収穫しました

  

                                       これで渋皮煮を作ろう
                    


                           鬼皮をラクにむくコツ

  よく砥いだ包丁で栗の扁平な側の、ざらざら部分から刃を入れて剥いでゆく
 
   
 
              ここまで来れば、包丁を使わなくても 爪で剥ぎ取ることも出来ます
           

    


       渋皮煮レシピは、姉・ポピーのブログ、お花大好き を参考にして下さい
           

                         渋皮煮に ポチッと一発 お願いします → にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ
                                                                     にほんブログ村

コメントの投稿

Secre

初めまして。

愛知県在住の「さらパパ」と言います。
とても個性があって面白いブログですね。(^-^)

もしよろしかったら相互リンクしてもらえませんか?
お返事待っています。(^-^)

初めまして!  

さらパパさん、おはようございます ♪  

杣家のブログに興味を持っていただいて大変うれしく思います
不特定の方から注目されるのも又、ブログ発信の醍醐味でもありますから e-381

お若いんですね
ブロ友さん達も、若ママさんが多いようで ・・・ お子さんが杣家の孫ぐらいです v-205 v-206

こんな爺ちゃんブログで宜しかったらどーぞリンクをお願いします
お互い、いつ外しても構わないって事で・・・

No title

オッ!
ポピーさんのは失敗作だと言ってましたが
こちらは如何でしたか?

杣さんはベテランだから
無用の心配かも・・・

arajin先生!

じつぁ~ね
ポピーの姉御とは逆で、杣家は やや固かったー (-"-;)
ジャガ それも
シロップに一日二日と浸しておくうちに柔らかくなるさ (ラッカン e-261

ありがとうございます。

すみません。
URLを子育てブログのを貼ってしまいました。

直したのでお手数ですがこのURLでお願いします。
「さらパパの子育て日記」と入れ替えてもらえますか?
本当、すみません。

これからもよろしくお願いします。

杣さん おはようございます♪

わ!! 木に登れるようになったんですねv-290
ちょっと 小粒の栗はそのまま食べても甘そう~^^
皮をむく作業が大変ですね!
出来上がった渋皮煮!! 美味しいでしょうね♪
ポピーさんのレシピで 挑戦してみようかしら^^

杣ちゃん オッハ!

渋皮煮って 食べたことがない!

家では 煮るか お正月用にサツマイモと合わせて栗キントン
ま!栗で作ったものなら何でも食べるよ~♪ヽ(^-^ )ノ
あぁ~~ 杣ちゃんちの近くに住みたかったな~~

大好きな栗^^

おはようございます。

秋の味覚の中で特に大好きな栗です^^
食べるのは好きなのですけど、この過程が面倒で味を思い出しながら舌鼓をしています(笑

何をされても綺麗に仕上げるお兄様と奥様は、素晴らしいですね^^
美味しそうな渋皮煮に大ポチ~☆

さらパパさんへ

子育て日記の方が楽しくていいのにねえ ♪  
お若いブロ友さん達が、爺ちゃんの生活の知恵を会得して下さったらいいと思っていました 
まぁ、ご希望どおり
「愛知県おすすめスポットブログ」 に変更いたしました i-255

サワチャンかね

じつぁ~ね
この時ムリして木に登ったので、3~4日はヒザがおかしかった (-"-;)
ジャガ もう回復しました
木に登って枝を揺すりたくって実を落とし、下で見ている元帥が拾うのです

誰もが厄介がる鬼皮むき
事前の養生は色々ありますが、前日の夕方から真水に浸けておく方法が一番いいです v-109
主婦なら作らなきゃ損

(*゚Ω゚)/ウィッス!! す~ちゃん!

渋皮煮って、どこにも売ってないからね
そこに価値がある e-141

栗キントンも作った事あるけど、馴れれば渋皮煮の方が早いみたい
栗で作ったものなら何でも食べる!
ほいじゃあ、ウンコでも食べる? e-283

かのんさん、こんちゃーっス ♪

かのんさん 栗は大好きですか
岐阜県の中津川市には、有名な栗きんとんの店が二つありますが
そんなの、全国どこにでもあるのでしょうね

作る過程がメンドイ! ・・・ それはイケマセン v-430
カメラ持って前夜から身支度してヨッコラショッと出かける野鳥ウォッチングと比べれば
ラクショーです v-314

我が家でも・・・

栗の渋皮煮、作りましたよ。
そうです。先日レストランの林で拾ってきた栗です。

今年は、鬼皮をむいた後、渋皮の始末を、ちょっと手を省いたら、食べた時に堅い渋皮が口に残ってしまって・・・
やっぱり、ちゃんと手をかけないと、美味しい物は頂けないと言う事が、良くわかりました。

杣さん、保存の仕方、教えて下さい。

保存!

クリちゃん、クリの渋皮煮の出来具合はいかがでしたか?

保存は、「渋皮煮 保存」 で検索すると、保存の方法がいろいろ載っています v-87

「瓶詰めを冷暗所(常温)で保存した場合、1年以上保存可能」 とありますけど
杣家は一応 冷蔵庫に入れています

当然、1年以内には食っチャイますけど (笑

いい色

美味しそうに仕上がったねv-218 
渋皮煮はこうでなくっちゃね。
自分の家で採れた栗で作れるなんて最高だね
鬼皮のむき方 以前このやり方でしてたら
力が入りすぎて骨までグサリ これは男の人用かもね。
近くなら栗むき手伝ってもらうのに~v-343
リンクありがとう。

お宝

山荘はもうすっかり秋でしょうね。v-19またまた蜂蜜に続き栗の渋皮煮、お宝がどんどん、増えて
羨ましいです。v-22
もう そま家の近くじゃなく、隣へ行きたいです。v-238

でもクールなそまさんは、v-275では、おちょっこを寄せ付けないでしょうね。v-12

メンドクサイ

栗は美味しいけど、皮むきはメンドクサイ。
皮剝くくらいなら、食べたくないよ。
そんな姉に、弟は小さな栗の皮を丁寧に剝いてくれました。
渋皮煮は特別大好き! 作るのはヤダけど、美味しいんだよね~。

あっ! 姉上さま

如何でしょうか、杣家の渋皮煮

作った直ぐは ネ
甘さにコクが無くて (コクちゃんと違うよ) 固くて (-"-;)、失敗したかと思いました
それで放っておいたら美味しくなった e-317
なんたる事ゾ!

栗によって かなりの差があるみたいですね
杣家の栗は、一晩水に浸けておくだけで スルスルと剥けます
BGMをかけたいくらい v-341

楽たび様

おこんばんはでゴザイマス ♪  

山荘ねえ
じつぁ~こないだの大雨で、林道が荒れちまった
沢にかかる木橋の両側が濁流で削られ、軽トラがやっと通過できるくらい v-292
それで足が遠のいておりましたが
自慢の大栗だけは採らんと、リスやシシに喰われちまうと思い
元帥と出かけたのです

な訳で、山荘はもう売れない ワネ v-358

ぷく姉

皮むきは楽しいよ
むきながら色んな事を思っていると楽しい v-66
渋皮煮は売ってないもん ネ
売ったろか
ぷくちゃんの事だ、一ケ150円にしといたげる v-7

これも、すごい!

何回も煮こぼして、作るんですよね。
再会して、1ヶ月程度ですが、今回を含め一連の記事で、杣さんがこんなに「マメ」なのが驚きです。
大無精の小生にはとてもまねできませ~ん。

お久しぶりです♪

栗の渋皮煮オイシソ!  ひつじも毎年作ってます。

お休み中にマッハたけさんに会いました~♪
一年一度の逢瀬でした~。(*^_^*)
なんと、郷里の栗を頂いたの。嬉しかった!

miroku大菩薩!

岐阜県の山荘の敷地内に昔
死んだお爺さんが山栗に接木してくれたイガ栗があるのです
色が濃くてGoo!
毎年、リスに喰われる前に収穫して渋皮煮を作ります

私がマメなのは理由がありますが、それは次回会った時にお話しましょうゾ e-70

ひつじ様

育児休暇も終わりブログ復帰、また宜しくお願いします 

ひつじさんも毎年作っているのですか!
栗にはかなり個性があって、レシピ通りにはいかない様ですね
うちは毎年うちの栗なので個性は掴んでおります (笑

同級生の了山が 「マッハは御嵩へ来たらしいが今回は会わなんだ」
と言っていたので
はは~ん (・・*)。。oO ひつじ様とデートだなv-343、と思っていました

こんばんわ~

 山栗ですか?
 ちいさめで美味しいのですよね^^
 それにしてもまめというか・・・本当に自然を楽しんでらっしゃいますね。
 
 素敵で~~すv-10

tamakoさん、おはようございます ♪  

はいこれは山栗でございます
と言いたいところですが、
実は山栗に大きいイガ栗を挿し木して大きくなった木でございます
山栗は別に何本もあり
それはそれで拾って栗ごはんなどに致します
きょう、残りを拾いに行って来ます、拾わないとリスに食べられてしまうので v-526

渋皮煮

包丁はしっかり研いでおくのですね。
我が家とはここが違うんでしょうね。

根気のいいことで・・・

杣ちゃん  おはようございます。
時間もかかるが、根気がいりますねぇ・・・。
栗は苦手。
めんどくさいからねぇ・・・。
お口にポイと面倒みてもらえるなら、食べるよ。

世話のやけるオバサンでーす。

焼き栗が一番好きです。
京都、高雄のほうへ行くと必ず買いますよ。
それに、山栗が一番甘いような気がするけどねぇ?
どうかなぁ?

八百津、御岳方面は栗の木が多いのでは?

包丁が切れん・・

桜井夫人から戴いた栗
一晩水につけた。
頑張り渋皮煮に挑戦しようとしたンだよ。

う!!閃いた。
去年隣の姫ママからもらった茹で栗がチョウうまかった。
皮がテで剥け程よい塩分が・・・

またまた衝撃を受けたです

塩なんて入れたこと無いス!!・・・
早速「栗のゆで方」検索し作った。

一晩漬け置きは正解だったよ
だども・・・塩 塩が適量なんだワ
適量がまた難しい


エィ!! 
ぎょうさん入れ30分から40分ゆでた。
煮汁が冷めるま漬け込むのがコツとかいてあった。

フンフン
うまい うまい うまかった~~
そんなわけで今回は茹で栗に変身しちまった。

喉が渇く!!塩を奮発しすぎた
適量ほど難しいものはない

うわぁ~~ん

ウワァ~~ン(泣く

そまちゃんチのブログにらコメが表示出来ないス・・・
同じこと二度書けるかな?
頑張チ!!

桜井夫人からもらった栗は、一晩首まで浸かり
「いい湯だなぁ~~」気分だ。

う!!
そうだ!閃いた。
去年 隣の姫ママからもらった、茹で栗のうまかったこと~
何故だァ??
「栗のゆで方」を検索した。

適量ナ塩を入れ30分から40分ゆでるとかいてあった。

適量ほど難しいモンはないすね?
スプーンでドバット入れた。

コツは茹で汁が冷めるまで置く事!!
な~~るほどねぇ~

うまかった うまかった! 
しかし。。喉が渇く  

桜井夫人には「渋皮煮作ったらもっていくね・・・」言ってあるんだワ
栗買ってこなきゃ・・・

ナンジャこりゃ・・・

そまちゃんチのブログは反応遅いン?

↑ ↑ 

確認しても見つからないから
ナンジャ?どしたんだぁ~~と首をかしげながら
また書いた・・・

やっぱりねぇ~~
一通消してね!!

こんばんは

山荘の栗
甘くて美味しそうですね
甘い栗に手をかけて美味しい渋皮煮ができたでしょうね
ポピーさんはいつから姉に?笑い
新鮮な栗で栗ごはんも良いのですが・・
山荘もすっかり秋の景色ですね


souu様

souuさんチは、どなたが包丁を砥ぐのですか?
プロの研ぎ方は
最後の仕上げ砥石で砥ぐ時にヌメリが出ますね
あのヌメリを普通は洗い流してしまいますが実はッ、 v-418
あのヌメリの中で砥ぐことにより、震える程の切れ味になるのです
やってみて e-141

すみれ様

物臭 すみれさん こんばんは ♪
きのうから山荘に泊りがけで行っており、先ほど帰って参りました
シャワーを浴び、発泡酒の小を一ケ飲んでのパソコンです (笑
焼き栗かね
焼き栗?・・・焼き栗って、大須の今井総本家とは違う ワネ
あぁ
皮にキズを付けておいてフライパンで焼くやつね
あれもいいかも v-217 

山荘で山栗も拾いますが
そう、すみれさんの仰るとおり、イガ栗より山栗の方が甘い様です v-62

金魚さんへ

金魚さんチは、どなたが包丁を砥ぐのかな?
聞くだけムダでした ネ (笑
ほいじゃあ砥ぎ方のコツを教えてもムダだからやめときますよ ↑
杣家に来る時は、バッグの中に包丁を忍ばせて来な
途中で銃刀法違反でパクられない様に ネ v-452
その前に救急車が来るかね v-451  (笑

ゆで栗かね
いずれにしても鬼皮をむくには、前の晩から水に浸けておく事を覚えました ネ 
それだけでも大したモンです v-424
拍手し過ぎで腱鞘炎にかかりそうです v-292

ヤッホー金ちゃん ♪  

泣くなッ!
普通は同じ文章をダブって書く場合、ほどほどに同じ文章になるよねえ
金ちゃんもそのつもりで書いたと思います
ジャガシカシ
一回目と二回目は文面が かなりかけ離れていますね
あひゃひゃひゃひゃ(≧∀≦*)ッ

だから両方とも有効なので消さずにおきますねッ i-206

yuu様

yuuさん こんばんはッ ♪

そまや山荘の栗は、そんじょそこらの黄土色の栗と違って
艶やかな焦げ茶色です
ことしはやや小粒でしたが、姉 (笑 に負けずとも劣らない美味しい渋皮煮が出来ました v-218
栗ごはんね
出来損ないの栗や、きょう拾って来た残りの栗で、元帥が栗ご飯を作って冷凍にしておくそうです

山荘は、どれも自生のそよご、ヨウゾメ、ウメモドキの赤い実がきれいでしたが
屋根の修理に忙しくて写真が撮れませんでした v-356

こんばんは~♪

まだ時間ボケ^^をしてる初音でございます^^;
友達からもらった栗もとっくに無くなり。。。
栗美味しい~^^
渋皮煮♪今度作ってみようっと!ポッチ♪(*^^)v

初音さま ♪  

こんばんはでゴザル v-222

ババサをホームに送り込んで空しいシスター v-209
ジャガ 心配しなさんな
その昔、義兄も タラチネをホームに送り込んだ
そしてホームで看取った v-421

生きとし生ける者、みな心うらはら
安心して渋皮煮づくりに挑戦して下さいまし (栗
プロフィール
  トップ頁へ


杣(そま)

  •             管理画面
  • 杣一の フリーエリア
    アンの小箱から                 
                               
    記事の分類
    ご訪問 ありがとうございます


    ブログ内の検索

    全記事一覧 ( )内は件数
    リンク