杣家の塗装グッズ キシラデコールとペイントうすめ液を収納

大工ついでに杣家の塗装グッズを見せちゃおう

               
 油性塗料を使った後のハケの始末は厄介ですね。
 ハケをペイントうすめ液で2回洗います。まず何度も使用した液が入った外側の缶でジャビジャビと洗い、缶の内側でしきます。
 次に内側の缶に入れた新しい液でジャビジャビと洗って同様にしごき、最後に古新聞で絞ってです。
          
                              
 使用後は缶の蓋をしておき、時々液を入れ替えれば何度でも使えます。
 以上、杣ちゃんのちょっとしたアイディアです。
                    

 ハケは針金を適当に曲げてハケ吊りを作り、掛けておくと邪魔になりません。
(油性塗料を使った後は、ハケをそのままにしておくと毛が固まってしまって使い物にならなくなるのです。)

               
 そして蓋をしておけばホコリもかからず移動も容易です。
                    

 一戸建て住宅ではちょっとした塗装は不可欠ですが、大抵おざなりになっています。
 このグッズの小型版を工夫しては如何でしょう。整理がつくので意外と邪魔に感じません。
 屋内は水性、屋外は油性の重ね塗りね。  塗装が楽しくなりますよ。

コメントの投稿

Secre

Unknown

えっ! おせち取り寄せ婦人が塗装なんかしていいの

杣家が木工で使う塗料は殆どがキシラデコールです。
最初にカラレスという下塗り剤をぬります。このカラレスにはUVカット剤が入ってないので上塗りに好きな色を2回以上塗ります。いづれも完全に乾いてから塗ります。
難しいのは色選びで、思いのほか濃くなってしまうので、かなり明るい色を選びましょう。

インチキ大工より 

外は油性だったのね。

とってもいいヒントを頂きました。

室外機カバーを昨年塗装しましたが、
知らなかったので水性のニスで塗っていました。

いいことを教えて頂いたので、今度から油性で塗ります、けっこうこんなことをするのが好きです。

綺麗になると、すっごく充実感が味わえますもの。
プロフィール
  トップ頁へ


杣(そま)

  •             管理画面
  • 杣一の フリートーク
    アンの小箱から    
     
      


    記事の分類
    ご訪問 ありがとうございます


    ブログ内の検索

    全記事一覧 ( )内は件数
    リンク