杣家のアセビ(馬酔木)


アセビは昔、山の境界線の目印として植えられていました

大きくならず 周囲に はびこって行かないからで、今でも山に分け入ると その名残りを見かける事があります
特に陽あたりを好むので、山ではそろそろ林道沿いの開けた場所で咲き出します
その周辺の山肌には無数の苗が生えているので、引っこ抜いて来て育てます




決して大きくならず常緑で、しかも可愛い花が咲くので、和風の庭木として最適です
     

これは たまたま園芸品種の紅アセビです

      
  紅と白が交配したかの様な木もあります
     

アセビは丈夫で 挿し木もしやすく、その苗を育てて鉢植えにしました


  花期が長く、切り花でもイケます
     
プロフィール
  トップ頁へ


杣(そま)

  •             管理画面
  • 杣一の フリートーク
    アンの小箱から    
     
      


    中日新聞の新連載小説
    "とめどなく囁く"
    どう展開するのか、楽しみに読んでいる。


    今んとこ動きがなく、あんまり面白くない。
     

    記事の分類
    ご訪問 ありがとうございます


    ブログ内の検索

    全記事一覧 ( )内は件数
    リンク