3人の山師と和牛、ツルリンドウ

場所は岐阜県の山奥です。雪が降る前に3人の山師が伐採作業に精を出しています。

 あんな高い所までロープを投げて引っかけ、倒したい方向へガッチャで張ります。


 そして杣師(私・杣ちゃんではなく地元の杣の名人です)は、
 倒す方向にクサビ型に切り込みを入れてから反対側を伐採するのです。
             

     しまった、ひっかかった。 (アレッ!名人ではなかったの?)
     いくら手練れでも林立した山では倒す時によく上方の枝がひっかかるのです
                       

     倒してしまえばこっちのもの。曲がった株元を一気に切り捨てます。
                       

             木端が割れない様に角を整えます。
             

 仲買いの重郎さんも手伝います。「昔はもっとやれたに、クッ」


出たっ! 曳く用材に親方が犬釘を打ち込みます。


             こんな具合です。
             

          段取りを終えて一服。重郎さんを中心に田舎の話が面白い。
                       

                       それにしても迫力あるなあ!
                       

             カメラ目線で作業開始。
             

 山肌のそこかしこには、ツルリンドウの実が赤く色づいていた。






コメントの投稿

Secre

プロフィール
  トップ頁へ


杣(そま)

  •             管理画面
  • 杣一の フリーエリア
    アンの小箱から                 
                               
    記事の分類
    ご訪問 ありがとうございます


    ブログ内の検索

    全記事一覧 ( )内は件数
    リンク