そま山荘に やっと初積雪! その2














<
<
<
<
<







<

縁台にも雪がうっすらと舞い込んでいます








<
<
<
<
<







 左のフクロウの画像は 山荘ではありません
 ちょっと前にYahooトピックスに掲載された
エゾフクロウです

 フクロウは夜行性のためか 山荘で姿を見かけた事はありませんが 夕方など奥の方の山からよく 「ホッホー」 と鳴き声が聞こえます






                                
                    

積雪で山作業も出来なくなるので 戸締まりをし 暖かくなるまで閉鎖です

コメントの投稿

Secre

imaiti さん おはようございます 

よくいらっしゃいました

inaiti さん宅あたりも伊吹おろしが強いんでしょ

薪ストーブがあると 灯油いらずでね もう数年 灯油を買っていません
灯油の値段は少しは下がりましたか?

あ、そうそう 自宅にも薪ストーブ

次にアップしますよ

シャレたストーブですね

外がどんなに寒くてもこのストーブで食事をしたり一杯やったりとまさに至福の時間を過ごせそうですね。薪の燃える音だけが聞こえてきそうです。

クリスタルさんは甘党! 

杣ちゃんは 甘辛横町で両刀使い (笑
お汁粉もいいねえ

そまや山荘はね
里山に近くて 標高たったの500メートル
どか雪とはいきません

が・・・
寝雪で滑って転んで 山作業がギッチョンチョン

Unknown

一面真っ白で綺麗ですね?。
山荘は雪が沢山積もるんですね。
冬の間は空き家ですか。
もったいないですね。
薪ストーブで雪見酒なんて、いいじゃないですか。
私は甘党だからお汁粉がいいなぁ。

秘策を聞かれちまった? 

今行くと イノシシが突進して来るよ

春になれば マムシが出るよ

夏になれば 虎が出るよ

がお?!

検挙にまさる防犯なし  ξ ̄▽〆オ?ホッホ? 

益々

益々行きたくなってきました。

竹ちゃんは行動派
立ち入り禁止
防犯
なんのその・・・・・

がお?!

ほっこりもっこり!

薪ストーブの炎、煙突の煙

生活の原点ですね

ほっこりもっこりほっこりもっこりほっかほか

山は雪ですね

薪ストーブの炎、煙突の煙
羨ましいシーンです!

見ているだけでほっこりしたわ!

あっ  噂のユメちゃん! 

お正月はお疲れ様でした
しばらくゆっくりしてってね

> 「戻す」手間も無く <

そうなんスよ
“戻す” たったあれだけの所作なんですけどね
頑張りまんごー

山荘が自宅!!!
人を山ザルみたいに言わないで下さいませ (笑
「杣家」 が第二の実家だと思って また来てね

はい、噂のユメです

そうそう、あの写真はいいアイディアですね^^
とても素敵な写真が画面が変わること無く、「戻す」手間も無く私も大好きで?す。
あんなに薪があるのに山荘は閉鎖なんですね。。。
チョッと残念。

今までここがご自宅だと思っていた私…恥ずかしい^^

マミちゃん よく言ってくれました ♪ 

ルンルン

> 見やすいブログ <

じつぁ?この事を一番こころがけている杣ちゃんブログでありました
みんな忙しいのでね
あちこちクリックしなくても パッと見てぜんぶ見られる
やったぜ マミちゃんびんごー

寝るの早いね  
いいユメ見てね ユメちゃん どうしてるかな?

サブッ!

杣ちゃん、遅くにごめりんこ!

山荘にとうとう雪が降りましたね
杣ちゃんが頑張って割った薪もあって
あのストーブも活躍しますね
でも、閉鎖なんですね、行くのもきっと大変でしょうから。
また巡る季節を待つということですね
杣ちゃんのスライド写真はとても見やすくて素敵ですね、
また雪景色も楽しみにしていますね
またね?

kuni爺さん こんばんは

やまあ行っても寒いだけでねえ
寝雪で伐採作業もしずらいし
足を滑らせて木から落ちたら それこそ杣師の名がすたるってもんで

春まで冬眠!!!

今度は三月???頃ですかねぇ。
しっかり戸締りしてきましたか??
留守の間に千両箱でも盗まれたら隠密同心の名がすたるってもんで

アジの開きをおつまみにして熱燗で・・・

ならいいけどね

普段は一人なので (ほとんど一人だけど・・・) 行くときにスーパーでツマミを兼ねた弁当を買ってって 熱燗もメンドイので焼酎をお湯で割って飲むのです
一度でいいから冥土の土産に 山荘でセレブさんのお酌で熱燗をあおりたい



白煙もくもく?

今日は?♪
懐かしい山荘風景
音もなく山荘包む雪景色
こんな時、静かにストーブを囲んで
アジの開きをおつまみにして、
熱燗で?
“どう?ぞ?”なんてお酌ができないのが
エゾフクロウも寒さから身を守るいいお部屋を見つけ
肌を寄せ合って何とも言えない画です。
プロフィール
  トップ頁へ


杣(そま)

  •             管理画面
  • 杣一の フリートーク
    アンの小箱から    
     
      


    中日新聞の新連載小説
    "とめどなく囁く"
    どう展開するのか、楽しみに読んでいる。


    今んとこ動きがなく、あんまり面白くない。
     

    記事の分類
    ご訪問 ありがとうございます


    ブログ内の検索

    全記事一覧 ( )内は件数
    リンク