鍛冶屋のカジィーさんから焼き印が届いた!

かねてから、杣家の代紋である 「杣」 の焼き印を北九州市の鍛冶屋さん、カジィーさんにお願いしておいたところ先日、宅配便で届きました。 


    焼き印という道具を見るのも杣は初めてです。  
    タタキ上げの職人さんによる手作りの作品。 見るからに重厚で気合いが入っています。       
     

         初焼きを行います。 
          

              焼き印を打つなど生まれて初めてです。      ジュンッ 
               
        
        アチャー!    
          

   3回目でやっと成功しました。 
     

 杣ブランド、松の木プランター。 

カジィーさん、心のこもった作品、どうもありがとうございました。 杣家の家宝です。  

コメントの投稿

Secre

浪速のポピーさん、どこ行ってたんですか?

せっかちな杣家ははや更新してますよ。

 そうですね、この焼印でのケツにジュンッと押してやりたい気もしますが、やはり可愛そうですね。
 
 とりあえずは木工製品に押すほかには・・・紙に押し付ければ火事になっちゃうしね。

今、思い付いたんですが、かぼちゃに押したらどうかなあ!?

焼き印

何に使うのかしら?   
まさか羊を飼ってるの?・・・と 興味津々

作成した木製の作品に付けるのですね。
な?るほど  納得です。
焼き印を付けることが出来るのは木の製品だけかしら?

杣家さんのブログは驚くことばかり
毎日が楽しいでしょうね? 

おはようございます

あ、「烙印」という言葉もありましたね。

 あまり良くない時に使われる様ですが、「烙」 の語源が知りたいですね。

 「下手くそ」 と聞くとドキッとしますよ。杣家はなにもかも中途半端ですから。 
 ボードも、何派?と聞かれて「中途半端」と答える事にしています。

烙印

烙印と言う言葉に敏感に反応します。

「下手くそ」の烙印を押されない
ように日々修行しています。

そうか、落款というんですね。

落款があると値打ちが付く。

 皆さんに同じ様な事を言われて分かってきました。
 焼印を作って貰ってよかった。

 丸太を彫るだけで大した作品じゃないけど・・・落款でごまかすかな。 

 これからますますプランター作りに精を出しましょう!

焼印は?

おぉ?凄い!

これは高く売れますよ。

画、書でも落款が無いと値打ちがない。
丹精こめた作品に焼印の落款は永久的に残ります。

(ないうちに手に入れといて良かった)

これからますます「杣」作品が世に出ますように・・・

早くも見つかってしまいましたか!

刻印入りのプランターをって発案者はブルーベリーさんでしたもんね。

 知らん顔をしていてパッと驚かそうと思っていたのに、信州の田舎に居ながら、はしっこいですねえ。

 このプランター使ってみますか? 大きすぎるかなあ。

杣ブランド☆

うわー すてきですね☆
この印が付いてるのは、本物だから 高いんだよね
なんたって、あの有名な杣ブランドですもん

いい焼印でしょう!

実物は小さいんですけどね、重々しくてカッコいいでしょう。
 使わない時にはインテリアにもなるので、定位置を考えているところです。
 薪ストーブのそばとか。

 焼くのはガスでも良かったのですが、初焼きなので炭火にこだわったのです。

 カジィさんは趣味人倶楽部のマイフレで、今、薪ストーブを手作りで作っています。

ナルホド高級感が出ますね!

言われるまで気づかなかったけど、無銘より高級感が出ますね。
 うん、これはいい!
 
 このプランターは、先日、松の木プランターを掘った時にできた木っ端なのですが、腐っても松。ステンビスを使ってあって長持ちします。
 デザインもいいでしょ。
 
 いくらで売ろうかなあ、なんちゃって!

おお?!

値打ちを知らないのになんですが

素人目にも素晴らしい焼印が出来ましたね。

懐かしいコンロに炭火も本格的。

押したタンブラーも一層値打ちが出ると

いうものですね。

かっこいい??!

somatanはいろいろなことを考えるのね??

頭の中はフル回転で休む暇もない・・・

焼印を押すと一段と高級感が出てとてもいいですわぁ??。

これでお値段が倍になったりして・・・ふふふ。
プロフィール
  トップ頁へ


杣(そま)

  •             管理画面
  • 杣一の フリートーク
    アンの小箱から    
     
      
     
    将棋の名人というものは一様に、
    常に落ち着き払い、
    軽率な言動は一切ないそうです。
     
    「オレと反対だなあ ・・・」
    杣一のつぶやきを聞いてオッカが、
    「解っとるがね(笑」
    と、ぬかした。
     
    記事の分類
    ご訪問 ありがとうございます


    ブログ内の検索

    全記事一覧 ( )内は件数
    リンク