山荘のキキョウ(桔梗)

この山にこんな花園ある訳ありません。実は数年前に植えたものです。           
     

 涼しい気候で土も合っているのか、どんどん増えます。     
     

 この色もイルス、じゃなかったイリスブルーなんでしょうか?     
     

 おおー!
     

 白色は清楚で美しい!     
     

 おおー!
     

 つぼみがまたいい!   
     

やわらかい風呂敷でそっと包んだ様です。
     
                      
海の日はあっても山の日はないのかな?                            

コメントの投稿

Secre

ブルーベリーさん再度ようこそ!

信州は26℃が猛暑なんですってねえ。
 ゼイタクな。こちらは36℃ですよ。

 信州でもそろそろ秋の花が咲いているのではありませんか。ベリーさんの日記はいつも見てますよ。 
 
 二つの絵文字はどこから取り入れたのか不思議です、Gooには無いので。

 

ためになったー☆

きれいな桔梗は、杣山荘に ぴったり
ほんとにもう 秋の風情ですねー。
しかも 雄性先熟とか 専門的な 解説ありで
今日も勉強になりました◎ ありがとう

やはりイリスブルー!

ネットで「イリスブルー」を検索すると「杣家の暮らし」がトップで開くのには驚きですね!

 それだけイリスブルーという言葉が貴重だって事です。
 さすがは詩人のアリスさんでした

つぼみ

ホントだ^^ イリスブルーですね

ききょうはつぼみも可憐ですね
風に誘われて花弁が1まいずつ開き出したような。。。
花瓶の中で飾られた花ではなくて 緑に包まれた土の上で 可憐に咲いているのがいいですね。
こんな草原でぼんやりと座って1日を過ごしてみたいです。

そうですね、桔梗って秋の花ですよね。

山はね、涼しいので冬支度のため秋が早く来ます。

 そろそろ夏の花も終わりで、もうすぐハギの花がチラホラしてきます。

自然が??

こんばんは、
山荘の自然な桔梗の花は、
そまさまの奥方様を思わせるような上品で控えめで、山の中にひっそりは少しかわいそう??
お披露目有難うございました。秋の兆しかな???


おはようございます。

桔梗って土岐市の花ですか!
 そういえば昔、次月峠で咲いているのを見た記憶があります。 今の了庵から少し登った丘の上で。

 「しべ」という言葉は初めて聞きました。ヘ?ッ!
 後半の説明は難しすぎてよく分かりましぇ?ん。

忘れちゃったわ!

こんなに綺麗なキキョウを見せていただいて、
お礼を忘れちゃったわ。
どうも、ありがとう♪

な?んだ・・・?

こんなに立派な自生のキキョウ、
杣さんチならアリかも!
なんて、考えがチと甘かった...。

土岐一族の家紋だし、土岐市の市の花だし、
一度、自生のキキョウにお目にかかりたいわ。

杣さんが沢山の写真を撮って下さったので、
丁度、具合良くしべの観察が出来るわよ。

上から、3、2、1、としますね。
1・・・雄しべの葯が熟し、虫が花粉を運びます。
2・・・役目を終えた雄しべは縮れ、雌しべが現れます。
3・・・雌しべの柱頭が割れ、虫が他の花の花粉を
 運んで来るのを待ちます。

雄性先熟と言って、自家受粉しないための仕組みですよ。
 

そうです、杣作です。

なんか田子作みたいですね。

 自生のものだとウソつかなくて良かった。園芸の生き字引・ミント様にはどうせバレてしまうところでした。
 分かっててもミントさんなら知らん顔をしてくれたと思います。それがまたコワイ!

な?んだ…

杣さん作だったのね。

桔梗が自然に生えることはないと思っていたのよ。
山の自然になじませる花として桔梗を選んだのは良かったのよね。素朴なお花だからね。周りにはマッチしてるわ?

という事で、

移植したものですからあまり自慢にはならないんですよ。
 生態系を壊す(という程の事ではないけれど)事には若干の罪悪感がありますね。

 まイッカ。綺麗けりゃ、いくら増えても。

見事に

山中を歩いていて突然このような光景が現れたら夢かと思うでしょうねぇ。
雑草に負けずにどんどん増えるのですか?
凄いです!
どんな植物がその土地に適応するかわからないから好きな植物をどんどん植えたらいいですね。

賛成!

私はですね、○○花トピアとか○○の園とかいうイベント場所には、いくらきれいに咲いてても行く気になれないんですよ。
 
 名も無き雑草でも負けず劣らず美しい!
 やっぱり変人なんでしょうかねえ? いや、やっぱり自然が一番!

いいね

花は自然に咲いて、自然に散っていくのが一番良い。
何でもそうなんでしょうけど。

手を加えない美しさが好きだね。
プロフィール
  トップ頁へ


杣(そま)

  •             管理画面
  • 杣一の フリートーク
    アンの小箱から    
     
      
     
    将棋の名人というものは一様に、
    常に落ち着き払い、
    軽率な言動は一切ないそうです。
     
    「オレと反対だなあ ・・・」
    杣一のつぶやきを聞いてオッカが、
    「解っとるがね(笑」
    と、ぬかした。
     
    記事の分類
    ご訪問 ありがとうございます


    ブログ内の検索

    全記事一覧 ( )内は件数
    リンク