最近、感銘 した投稿記事。

2018-04-22 003 2018-04-22 001


 記事中の平田町と言えば、京都の伏見稲荷、愛知の豊川稲荷と並んで日本三大稲荷の一つともいわれる お千代保稲荷神社(通称・おちょぼさん)があり、羽島市になりますが近くに、安くて美味しいウナギの "魚勝" があるのです。
                                薩摩藩士に ポチっとクリック お願いします m(__)m→
                                                                                  にほんブログ村

コメントの投稿

Secre

こんにちは

鹿児島いろんな歴史がありますね
難しい~
美味しいウナギ確かに鹿児島のウナギは美味しいよ(#^^#)
薩摩藩士に ポチっとして帰ります(;'∀')

わい様

この魚勝(うおかつ)のうな丼ね。
知る人ぞ知る うな丼の穴場 v-218
こいサシ(鯉の刺身)も頼んでおくと、うな丼が出来るまでに鯉サシが出る。
美味しいこいサシを食べ終わったころにうな丼が来ます。
"上丼" が 2,300円。
わい様にどうしてもご馳走してあげたい一品です v-219

薩摩藩士にポチっとクリック、ありがとう v-222

おはようございます

木曽川三川は、治水が大事ですよね。
薩摩のお人が、治水工事に携わったとは、一つお利巧さんに
なりました。
どんどん劣化してますので、こいう情報は脳を刺激します。

あばれ川 木曽三川の 治水工事 薩摩藩士が 携わり治む    短歌

一級建築士の妻さま

ちゃーっスぃ ♪  おちょっこ様

私も、木曽三川を薩摩藩士が治水したとは知りませなんだ。
治水神社とは、この三川が寄りあった場所にあるのですね。
機会があったらドライブがてら行ってみたいと思っています。

あばれ川 木曽三川の 治水工事 薩摩藩士が 携わり治む ・・・ 字余り。

おはようございます

字余り  あばれ川木曽三川の治水工事薩摩藩士携わり治む

短歌は、俳句と違いやむ負えない時は、字余りありですが、ご指摘のとおり一首に2か所、4句、結句を
句またがりにしました。

1首完成 有難う!!!

一級建築士の妻さま


>短歌は俳句と違い、やむ負えない時は、字余りあり。
な~る.。oO

"木曽三川のあばれ川 薩摩の武士が治水し治む" i-229

平田町は母の実家がありまして、勝手知ったる場所です。
木曽三川の周りには昔の堤防の跡があったりして、何故か高台に道路が走っている場所があります。当時の治水工事は一大プロジェクトだったでしょうね‼️
今、輪中の住人が安心して暮らせるのも平田靱負さんのお陰ですね。
ところで、おちょぼさんは学生の頃、年末年始にバイトしてました。
私が火打ち石で精入れして販売した熊手を有難く、お買い上げされるお客様には、何だか申し訳ない気分でした😀

maeパパ!

なに! 平田町はmaeさんのタラチネ様のご実家で!
ほいじゃあ "勝手知ったる" ・・・ さもあらん。
"平田町" の由来が、木曽三川の治水に命を賭けた薩摩藩は平田指揮官のお名前とは、とうにご存知!

なに! おちょぼさんでバイトしてた!
ほいでもってmaeさんが熊手に火打ちで精入れを!
ありがたやーv-421

プロフィール
  トップ頁へ


杣(そま)

  •             管理画面
  • 杣一の フリーエリア
    アンの小箱から                 
     
     大阪なおみ   
              しゃべると可愛いいね 
    記事の分類
    ご訪問 ありがとうございます


    ブログ内の検索

    全記事一覧 ( )内は件数
    リンク