コクちゃんに 生花が届いた!

 コクちゃんが通院していた みずの動物クリニックに、オッカがお礼かたがた連絡 したところ、間もなく 生花が届いた!
2018-03-26 001 2018-03-26 001

              そして弔文も!
2018-03-26 001 2018-03-26 005    2018-03-31 001 2018-03-31 001 - コピー
  コクちゃんを最後まで きちんと面倒みてやれたかどうか判りませんでしたが、弔文の 、「 しっかりと治療し、長い時間を皆様と共に幸せに過ごす事ができた ・・・ 」 を読んで気持ちが安らいだのです。 
 ありがとう。  
                           ありし日のコクちゃん
P2182915_20180330064338076.jpg

            コクちゃんの冥福を祈って ポチっとクリック お願いします m(__)m →
                                                          にほんブログ村
 

コメントの投稿

Secre

No title

きれいなお花と優しい弔問に涙・その上コクちゃんの写真には涙ぽろぽろです。
最後までよく面倒見て天国へ送ったと思います。南無・・・・。

ぷく姐!

こくちゃんはずっと、外の犬小屋に住んでいました。
半年ぐらい前から体が弱り、厳寒でもあったので、屋内で飼うようになりました。
不思議なもので、屋内で抱っこしたりして いると、外で飼っていたころとは比較にならない可愛さを感ずる様になりました。
当たり前か (-_-;)
よく見えない目で、よたよたと歩いて後をついて来ました。 ウルッ (´∩`。)グスン

こんばんは

綺麗なお花に弔文嬉しいですね
優しいみずの動物クリニック様の心遣いにまた( ;∀;)

抱っこされているコクちゃんの幸せそうな顔・・
在りし日のコクちゃんの元気な画像を思い出しています
杣ちゃん二代目コクちゃんは如何・・

yuuさん(*^o^*)コ(*^_^*)ン(*^O^*)バ(*^_^*)ン(*^O^*)ワー ♪ 

弔文は、幾分たどたどしい手書き。
みずのクリニックさん、ご商売とはいえ、コクちゃんを送った側としては生花と弔文、嬉しかったです。
抱っこされているコクちゃん。
亡くなる半月ほど前の写真で、この頃はもう、目もうつろになりかけています。

yuuさん、赤カナリアはその後、いずれかへ飛び立ったことでしょうね。
なんとか無事にと祈るばかりです。

プロフィール
  トップ頁へ


杣(そま)

  •             管理画面
  • 杣一の フリーエリア
    アンの小箱から                 
     
     大阪なおみ   
              しゃべると可愛いいね 
    記事の分類
    ご訪問 ありがとうございます


    ブログ内の検索

    全記事一覧 ( )内は件数
    リンク