栗の渋皮煮レシピ

収穫した栗を天日に干せば甘みも増す。
    

イガはストーブの焚き付けに良いので冬の為にとっておきましょう。
    

夜なべ仕事に備えて陽が高いうちに鬼皮を剥く。湯に1時間もさらせば具合よく剥けるよ。
    

夜 ? アク抜きや味付けで計4回も煮込む。渋皮がはがれない様に弱火で煮るのがコツ。
    柔らかくなりすぎない様、全体を通じて煮込むのは控えめに。 
    (レシピはネットで多数紹介されているので省略します。)
    

一晩浸して ? どうぞ召し上がれ!
    

コメントの投稿

Secre

渋皮煮ご賞味いただき有り難うございました。

私はてっきり松っちゃんが全部食べちゃったと思ってましたよ。
ゴッドファーザー、皆に分けたんだね。いいとこあるねえ。

しかし、さすがは若女将! 1個300円、強気でいきますか。

栗の感想

お久し振りです。
いつも楽しく拝見させていただいております。
今日お越しくださったんですね。
いつも有難うございます。
マロングラッセに似た美味しい栗の味が詰まった渋皮煮。
手間暇かかっているだけあって味もひとしおでした。
1ヶ300円で販売しようかな・・・ニヤリ

ご馳走様でした

そまや山荘の栗は色が濃くて良質!

>コスモス様

栗レシピの中で最も作るのに手間がかかり、誰もが作りたいけど二の足を踏む渋皮煮。

それを敢えて作る事が杣のコダワリなのです。

手間はかかっているけど金はかかっていませんよ。

日頃お世話になっている7?8人の方にお分けしました。

今晩は

>otosigo様
杣家の庭を美しく撮っていただき、ありがとうございます。
otosigoさんのブログは、写真の大きさや配置を変えて大変イキですね。
杣家の写真は、デッカイ写真をこれ見よとばかりにダラダラと。
いま一度勉強させて貰いますよ。

いやあどうも、恐れ入ります。

>御囲堤桜 様

誰かと思ってましたよ。
杣ちゃんの事を上げたり下げたり・・・ゴイツツミザクラなんてシラネーぞ、と思いながら返事を書いていました。
なるほど、「堤防の桜に囲まれた御大」という意味ですね。うまくネーミングしましたね。先輩にぴったりのネームですよ。

レシピ 教えて

出先のパソコンで 杣家と入力したら ポンと一発で出て驚いた (我パソコンは 杣の字がどうしても出なくて 手書き入力ですよ )
 ところで いかにも美味しそうな栗面倒くさそうだけど 毎年大きな栗を頂いても 茹でても栗きんとんにもせず 勿体無いことしているから 教えてたもれ

あの栗が??

えっ^^^??、
あの栗がもう店頭に・・・美味しく頂きました。
出来立てのほやほやを、秋本番に、・・・

「杣家さま」のあのマキといい石組みといい・・・
とてもいいですね・・・感激です。

石組みにビックリ! -?

 御囲堤桜こと「o-isa」です。
 本職の石組みであることは一目瞭然ですが、木登りだけが趣味かと思っていた貴兄が、このような石組みを良とするセンスをお持ちであったことを初めて知って驚いたのです。
 このセンスがあって、あの木彫りポットが生まれたのかといまさらながらに納得したのです。「杣師」のますますの活躍を・・・。

あの石組みは、「乱れ積み」といいます。

>御囲堤桜 様
なんちゃって、私が積んだのではなく、地元の石積み専門業者の仕事です。
いくら高く積んでも真っ直ぐ上へ、へたすれば外側へと積み上げて行きます。
それでもって地震があれば、ますますガッチリ締まるそうです。
内側の土の重さで石の内側を押さえているので、外へ転げ落ちない様です。

石組みにビックリ!

 初めまして。以前から杣家さんのブログ楽しみに拝見しておりました。前回のブログで初めて杣家の全景を拝見し、杣家のたたずまいもさることながら、周りの石組みの見事さに驚いています。
 私の知る杣人のセンスとは思えませんが・・・。 

クルミ割り人形でクルミを割ろうとしたの!

さすがコスモスの娘さん。
子供のころって、何才ころの話?高校生のころだったりして。

TVで先日、クルミ割りの職人が、クルミを金床に置き、大きくて重そうな金槌でコンッと割っていたけどね。

杣ジイの割り方
フライパンでコロコロとあぶると、膨張して割れ目ができる。不思議と爆発はしませんが、なんか怖くて蓋をかぶせる。。
さめたら割れ目にナイフの刃を当てがい、金槌で軽く叩くと割れます。

ついでの話で
クルミという木は水が好きで川べりに生える。
クルミの実が川に落ちて、ドンブラコッコドンブラコと流れて行き、流れ着いた所で芽をふく。
それで川沿いにクルミの木が多いのです。

うまそうな栗

を尻目に前の話題で申し訳ないんですが
鬼グルミってどうやって割るんですか?
アホな話ですが、子どもの頃
鬼グルミをいくつかもらったので
家にあったくるみ割り人形(ハワイかどっかの土産物の
裸の女の人型の木製のやつ)で割ろうとしたら
見事に足が折れました。


プロフィール
  トップ頁へ


杣(そま)

  •             管理画面
  • 杣一の フリートーク
    アンの小箱から    
     
      


    中日新聞の新連載小説
    "とめどなく囁く"
    どう展開するのか、楽しみに読んでいる。


    今んとこ動きがなく、あんまり面白くない。
     

    記事の分類
    ご訪問 ありがとうございます


    ブログ内の検索

    全記事一覧 ( )内は件数
    リンク