足こぎ脱穀機!

 同期の兒島祐二クンが、「中古あげます譲りますサイト」 "ジモティー" で ゲットした昔懐かし "脱穀機" をもらい受けるため、遠く離れた三重県志摩市のYさん宅を訪れた。
 杣一も気晴らしについて行ったのです。              青色パーカーが兒島クン ↓
                                     


              タダでくれるというのにYさん方では、「遠いところを ・・・」 とねぎらいの言葉まで頂き恐縮。
                

ガーコンガーコン 「おお~~~ぉ ええじゃん!」   彼はこれを秋、大豆の殻取りに使うとのこと。


               ペタルを手で押してみる ・・・ バッチシ回る ・・・ アレっ! Yさんご夫妻、知らなんだの?
                

「千?切」 何と読むのでありましょうか? 右側のハンドルを回して大根やサツマイモをスライスする道具?
これはもらいませんでした。



               とうみ。 手回し風力で、もみ殻や塵を吹き飛ばす農具。 これももらいませんでした。
                 
 伝統農具を大切に保管なさっていたYさん。 兒島クンの 「死ぬまで大切に使わせてもらいます」 との言葉に、安心して手放された事でしょう。 
                          日本の伝統農具にポチっとクリック お願いします m(__)m →
                                                                                  にほんブログ村


コメントの投稿

Secre

懐かしい

杣ちゃん  おはようございます。
子供の頃、この機会お婆ちゃんが使っていたのを覚えている。
お婆ちゃんが引くリヤカーに積んで、機械を借りに行ったり、返しに行ったり。
昔は大きな農家に、道具を借りに行きました。
あぁ、懐かしい。

すみれ様

おはようございます ♪

昔なつかし脱穀機。
きのう一緒にもらいに行った兒島祐二クンもガキのころ、この足こぎをずいぶん踏まされたらしい。
ガーコンガーコン i-6
終ってからでもまだ足がこいでいる感じだったと言っていました (笑

あぁ懐かし .。oO

こんにちは

今まで大切に使ってきたYさん
だいじに使ってくれる方がいてきっと感謝していますよ
我が家は商人でしたからこのような機会は
あまり知らないのですが・・(;´・ω・)
ごめんね~

わい様


そっか、わい家は代々、商家なのですね。
知らなんだ!
どーりで、おトシの割りには品がいい方だと思ってましたよ。

それにしてもお近くの公園。
本当に小鳥の楽園ですね!
これから暖かくなり、ゆったりと歩きながらのバードウォッチングは最高ですね v-432
プロフィール
  トップ頁へ


杣(そま)

  •             管理画面
  • 杣一の フリートーク
    アンの小箱から    
     

    記事の分類
    ご訪問 ありがとうございます


    ブログ内の検索

    全記事一覧 ( )内は件数
    リンク