サクラを伐る

守山区、東谷山のNさん方でサクラの伐採。
切った枝が真下の家屋に落ちない様、2か所をロープで吊り、細心の注意を払って切りおろす。
        
        
           電線にも注意! 7m30の二連バシゴから更に登る。
            

この株を切ったら斜面を転がり落ちて家屋を直撃する! 厳重に縛る相棒の兒島祐二クン。



          戦い終って帰宅して ・・・ ヨロクはこれ。 サクラ、サクラ、サクラの薪ッ   ヒッヒッヒッ ♪     
           

穂先も もらって参りました。 春は間もなく ♪

                         サクラの伐採に ポチっとクリック お願いします m(__)m →
                                                                                  にほんブログ村

コメントの投稿

Secre

桜ですか

桜を根元までカットですか。
守山のさくらが一本なくなりました。 残念ですが毛虫、枯葉の処理が大変だから。

そういえば、杣さんそっくりな人を守山で見かけましたよ。

枝までもらって、春が待ち遠しいですね。
ゴロンとした桜のカット木、欲しかったわ。

お仕事

花が終わって伐採した方が良いような感じがしますけどねぇ~
確かに桜は毛虫が・・管理が大変~
桜の木は固いのでは??
桜の薪贅沢・・( ´艸`)

桜です。

一級建築士の妻さま。

サクラの株元、けっこう太いでしょ。
いい薪になります。

ジャガこのお宅では、枝が屋根まで伸び、朝日をさえぎるので、やむを得ずギッチョンチョンですね。
木は、いずれは伐らねばなりませぬ。
伐るなら早い方がいい。

通りがかった若ママさんに枝穂を切って差し上げましたら、「わあ! もう一本下さい」 と言うので、もう一本切ってあげました。
開花が楽しみです。

伐採のお仕事です。

わい様。
いつもコメント、ありがとうございます。

>花が終わって伐採した方が ・・・
じつぁ~今の時期、水を吸い上げていないし葉っぱが無いので、木全体が軽く、作業がしやすい。
それに、薪にするにも好都合。
ヒノキなど建築材の伐採でも、夏場に伐ったものは水分が多くて腐りが早く、商品にならないので、伐採は初冬から始めます。

サクラは柔らかい方では?
どの樹種でも、先へ行くほど柔らかく、株元は、木全体を支えならんので、非常に固いです v-217

No title

相変わらず、頑張ってますね!
雪は・・・大丈夫ですか?

arajin先生!

がんばってますよ v-217

コンプレックスを持つ人間は、なにくそ精神で頑張れる。
杣ちゃんもそうです。

arajinの裏庭
どうしてもコメントが入らず、ずっと前からご無礼しています m(__)m

No title

おはようございます、待ってました木登り記事!
吊って切るのを学びたいです。先月コナラの枝おろしをしましたが、吊っていたのに結局うまくいかず斜面へ落としてしまい搬出に苦労しています。まあ10m近くある太い長い枝だったので少々無理があったのかもしれませんが。

サクラの枝はストーブのそばに活けておくとじきに咲きますね。

massan様


久しぶりにおはようございます ♪

コナラですか! いいですねえ。
こちら一応、町中(-_-;)ですし、暖地なので、ナラの類はめったにありません。
薪としては二流品の、クスとクロガネモチが多いです。
ジャガ、カシも多いので嬉しいです。

かかり木の場合、私の師匠は切り口にクサビを打ちこんで、かかりを外していましたが、ツルには敵いませんね。

おはようございます^^

え??この時期に桜を切ったのですか??
でも、義兄さまのお庭で咲くようですねぇ~^^

雪が降る。。降らなくっていいですぅ~^^;
歌は良い歌ですが。。。(笑)

明日の東京の気温は20度とか!寒暖差が激しいよん!
カヨワイ?!ひとみは冬眠しそう~~~クマでもぶぅーーでもないですよ!^^
春よ来い!は~やく来い!(^v^)

ヘイ! シスター ♪


この時期に伐ったサクラはまだ水を吸い上げていないので乾燥しており、腐りにくい。
春に伐るとシスターのように水分たっぷりで、腐りやすく、建築材にならず薪にもなりません。
以上、ウンチク (ゴホン

雪が降る~ ♪  あなたは来ない~ ><;
いい歌ねえ ・・・

あしたの東京は20度!
急に陽気が良くなってシスターや、狂い咲きしないように i-6
プロフィール
  トップ頁へ


杣(そま)

  •             管理画面
  • 杣一の フリートーク
    アンの小箱から    
     
      


    記事の分類
    ご訪問 ありがとうございます


    ブログ内の検索

    全記事一覧 ( )内は件数
    リンク