アメリカから姉が来た ♪

アメリカに住む姉は二人で、86才と83才。 

赤貧芋を洗う終戦後の杣家。 
二人とも中卒後、別々に進駐軍のカフェで女給として働くうち米兵と結婚し アメリカに渡る。
のち離婚したりしたが そのままアメリカ人となる。
努力家の二人は、それぞれ公務員である看護師、森林調査員として働き、退職後はゆうゆう一人暮らし。
一人はワシントン州、一人はテキサス州。

二人は過去に何度か来日しているが、この10月25日、約 四半世紀ぶりに そろって来日した。
         

ウエルカム 美子姐、玲子姐  

戦後の混乱期から今日まで、日本とアメリカを股にかけて たくましく生き抜いた二人の姉は今ここに。

        そまやの庭で日本の秋を懐かしむ                  名古屋城の外堀で
    

                       二人の姉の人生に、ポチっと拍手をお願いします m(__)m →
                                                                                  にほんブログ村

コメントの投稿

Secre

こんにちは

わぁ~感動
ご苦労があったのでしょうね。
故郷の日本を満喫して帰ってほしいですね
杣ちゃんも以前お姉さまのところに行かれましたね
流石杣ちゃんのお姉さま・・お若いです
86歳と83歳のお姉さまに宜しくね

たなびくススキの穂がきれいです!

わい様
いつも暖かいコメントをありがとうございますm(__)m

終戦直後に父が病死した後は、母が女手一つで8人の子供を育てました。
岐阜県の疎開先では大変な苦労をしたらしい。
末っ子の杣ちゃんは父の顔も知らず、貧乏で家族みんなが苦労したことはあまり知りません。
母から聞いた話ですが、
家に物乞いが来た時、お金が無い話を母から聞いた物乞いは、わざと餅を落として去ったそうです。
もちろん、ありがたく頂いたそうです。

きょうは一日、姉二人をオッカが電車で名古屋駅に案内し、デパートや大須観音などを案内したそうです。
私は庭でバーベキューの準備です。 v-41

流石

流石は杣さんのお姉さま

背筋がピーンととしてお若い

英語で会話ですか。

さすが、そまさんのお姉さまがた、公務員の資格をアメリカでとって、凄いわ。

実家の前に、昔 進駐軍の社宅があったので、大人になっても外国人に抵抗なく
接する事ができます。 アメフトもよく見に行きました。
瑞穂グランドのラグビー場です。
我が実家kら3分くらい。

へえ~~~あのころ そまさんのお姉さん達は、アメリカ兵と交際していたんだね。
片言英語で社宅の子供達と遊んでいたのを思い出しました。


Qchanへ

それはそれはお若いよ。
他のあんねえ達より、実によくしゃべり、よく食べまする。
奴らが一番長生きしそう e-365

翌日から姉妹ら5人を乗せ、奥飛騨は平湯温泉に一泊で行きました。 e-224

一級建築士の妻さま

二人とも杣ちゃんに似てアタマはエエでね。
アメリカ人以上に英語が上手です。

進駐軍かあ
そ言えば、おちょっこさんの実家は瑞穂区の方でしたね。
おちょっこさんのカタコト英語を聞きたいものです (笑

クリーム、も少し待ってね v-222

No title

そまちゃん は末っ子だったのね

男子は一人なの?
ご苦労があったのね
そっか それで何でも出来る優等生が生まれた訳ね

今ごろバーベキューで大賑わいでしょうね
いいなぁ~~~

かんぱ~~~い!





松姐!


うちのきょうだい構成は、
17才年上のたった一人の兄は、65才で逝きました v-39
17才も離れていて遊んだこともなく、親しみは最後までわきませんでした。
その下に?人の妹たち。
うち二人は他界 v-39v-39
末っ子がワタクシ、杣ちゃんであります v-205

だで今回アメリカから来た二人を迎えられた姉は、やはり二人であります。
男兄弟ばかりであったオッカは、姉が出来たのがとても嬉しいらしく、喜んで接していました。

素敵な方

おはようございます
胸が熱くなりました・・・
素敵なお姉さまですね

いつも伺うといいお話で
今日もありがとうございます
元気を頂きました

お姉さまも杣ちゃんさんもお元気で!!!

たんぽぽ様


忘れかけたころにコメント下さるたんぽぽ様 (笑
ありがとうございますm(__)m

私共は父も母もとうに無くなりましたが、この姉二人は、生き残っている兄弟姉妹の誇りでございます。
美子姐は、はずみを付けずとも腹筋が出来、玲子姐は全然ボケてはおりません。
エライもんです。

たんぽぽ様もその元気を受け、ますますお若くあられる様、願っております。

オオゥ、お姉様!

杣ちゃん  今日は。
戦後の混乱期、皆生きるのに必死だったようですね。
戦後生まれの私、話だけ。
伏見のアメリカ村を思い出します。
それにしても、二人のお姉様は並大抵の努力ではなかったはず・・・?
さすが、杣ちゃんのお姉様ですね。

お気遣い有難うございました。
元帥様に今しばらくお待ちくださいとねぇ~

すみれ様ウエルカム ♪


とにかく杣家は貧乏でしたからね。
岐阜県の疎開先でタラチネと兄弟姉妹みんな苦労したらしいが、アタシャ年の離れた末っ子だったので、あまり知りません。
話だけ。
ジャガ杣ちゃんは疎開先の山村で、農家の梅や畑のナスビを盗んで食べたり、田んぼに干してある芋切干しを盗んで逃げました。
だで今でも盗みは得意です。

100メートル道路のアメリカ村ねえ.。oO
プロフィール
  トップ頁へ


杣(そま)

  •             管理画面
  • 杣一の フリートーク
    アンの小箱から    
     

    記事の分類
    ご訪問 ありがとうございます


    ブログ内の検索

    全記事一覧 ( )内は件数
    リンク