ヒマラヤ杉の木登り伐採

 知人から厄介な依頼ごと。木は塀と家屋に近接していて、電線と電話線、それに何かの引き込み線と、五つの障害物。 
 これは杣ちゃの出番です。
      

邪魔な枝を切り払いながらよじ登る。
     

枝をスッキリさせておいて第一刀。てっぺんを手ノコで切る。切り方は全部切らずに1センチくらい残す。
つまり武士が切腹をする時、首が飛ばない様に介錯人が皮1枚を残して切るのと同じです。
     

電話線に引っかからない様に誘導してゆっくり倒す。
     

       引きちぎって安全な方向へ落とす。
             

主幹を上から玉切りにする。ここからはチェンソウ。同様に半切りにしてそうそと落とす。
     

やっと電線類をクリアした。
     

まだ塀があるので油断はできない。なま木は意外に重い。次第に切る長さを短くする。
     

完了! 
     

さほど大木ではなかったので二人がかりでまあまあでした。 あゝくたびれた!    
     
                                                       


コメントの投稿

Secre

拍手ありがとうございます

一度そちらの方へ仕事に行きたいですね。
お会いして、姫ミエ様んとこでコーヒー飲んで!

おかこい様おはようございます

・ 結局ロープを使う程の高さではありませんでした。
・ 相棒は下で通行人の見張りと、樹が低くなってから切った玉の手受け、切り下ろした玉や枝の整理です。
・ 切った幹の下ろし方? どっちみち後期高齢者様には無理ですよ! ご用があったらお言いつけ下さいませ。

Unknown

大技、小技すごいの一言に尽きますね。高度恐怖症ではないですが私などは木にしがみついてしまって何も出来ないでしょうね。尊敬ものです。

小技もおみごと!

・途中に束ねてあるロープはどう使ったのですか?
・塀の上まで切り戻してからの幹はどうして降ろした のでしょう(投げ落とすわけにはいけないは  ず・・・)。
・お手伝いの方の任務は?

 (私も高いところに登ってみたくなりましたが、間に合いそうか確認のため・・・)

大技ではなく小技ですよ。

まあ、この程度でしたら小技で十分。
大技はいずれまた・・・・なんちゃって 

平地の?

へぇこんな大技初めて見たよ??
人間業でない、身軽さに?集中力に?
見とれるばかりです。

平地での大活躍!!、杣家さんは貴重な存在ですね、


障害物が??どちらが?、樹が障害物ね??
よくぞコンになるまで伸びたことぞ、
家人の方もやれやれとあんどされたでしょう。

プロフィール
  トップ頁へ


杣(そま)

  •             管理画面
  • 杣一の フリートーク
    アンの小箱から    
     
      


    記事の分類
    ご訪問 ありがとうございます


    ブログ内の検索

    全記事一覧 ( )内は件数
    リンク