秋・・・杣家の庭

                                                     << もみじ 



     

          



  


 






セージは、赤、白、まだら、青などがあり、
春から秋まで咲いています

 



<











<
<
<
<
<
<
<

 
                               non_nonさんのソースをお借りしました

 

クスノキの林を そっくり伐採!

依頼された稲沢市内のクスノキ林。 約1年かかってボチボチ伐採しました
                                 伐採前
      
                                                               
                                    伐採後
    

高木のクスノキは、かたや倉庫に、かたや電線に、かたやカリンの列に覆いかぶさっており
  安全に倒すために木登り そしてロープとガッチャ(牽引機)を駆使しての伐採でした

  

縛り方は全てこれ。 引く方向に力が加わっている限りほどけません。念のため最後に一巻き   
  

ある日、珍客あり  
 長野県白馬村に別荘を持つおまめさん
 現場を見学し、チェンソウを初体験
 
 その彼女が木登り伐採を動画にし、
 ブログUPしてくれましたので是非ご覧ください
 動画が2件あります
 チェンソウのエンジン音が爽快です
 クリックして下さい ⇒
  杣人に弟子入り!

  隣りの畑では
          春?カリンの花                 秋?カリンの実 !

  

足元の畑ではマルバルコウソウが群生!   白いのもあるよ
  

伐採を終えて
タダで切ってタダで処分してあげて・・・見返りは薪としてタダでもらう。 クスは薪として二級品。
なんか、タダ働きさせられた様な気がしないでもありません  

民家の竹垣づくり (中)

名古屋市熱田区・伊東弘さん方の竹垣がやっと完成しました!
下ごしらえは
先ず ザザンカの植え込みを         根こそぎ引っこ抜いて更地にする

  

   杣ちゃん力作の防虫丸太を立てる。 水平・垂直を家屋の線に合わせる神経戦でした
  

組竹を
名古屋市中川区の老舗、(有)小野竹材店に特注してあり、間もなく出来あがるとの一報  
社長と職人さんが最後の仕上げをしていました 
                青竹は、HCで売られている白っぽい晒し竹より永持ちするそうです

  

   必ず下穴を開けてからビスを打つ       シュロ縄に似せたナイロン紐で垣根しばり
  

下は銅線で固く締めてあり、縄は飾りです。 雨が貯まらないよう 節は上部に
         そもそも真っ直ぐな竹はなく、各所にステンレス棒を通して竹の歪みを直してある

  

   10年は持つ巧みな職人技           青竹を切った残りは束にしてくれました 
  

まだ水分を含んでいる竹は結構重く、伊藤さんに手伝ってもらい意見を聞きながらの作業でした
  

     完成   
     
      竹屋さんの話では、今どき こういう竹垣を作る家は珍しいそうです
  

一部の方からご質問がありましたので追記いたします
正規の御簾垣(みすがき)は
柱にタテに浅い溝を彫り、そこに組竹を差し込むそうですが、メンド臭いので略式にしました
重い組竹を支えているのは、柱にビス止めしたL字型の小さい金具です
あと柱の裏側に細い角材をビス止めし、表は別に作って貰っていた2本組の青竹を目隠しとし、表裏を長いビスで数ヶ所止めればオッケイ

野生のニホンミツバチの捕まえ方

                                              最新のページに移動 → 杣家の暮らし


岐阜県坂祝町に住む親類の三品俊宣さん方から急報あり
      「隣りの家で、ハチが車の窓に集まってるぅぅぅぅぅ!」
スワ 杣ちゃん急行すッ    =з=з=з


ニホンミツバチだーッ          三品さんが捕獲箱を急ごしらえして待っていてくれた
  


念のため雨ガッパとゴム手袋をお借りして着用
木槌で窓をコンコンすればゾロゾロと上へ逃げて箱入りする筈が・・・ヒサシが邪魔をする   
                                  かくなる上は常套手段

  

ほうきでタモの中へ一気にこそぎ落とす!        それを箱の中へバサっ!
   

箱を屋根に乗せて残りの入居を待つ。 ジャガ女王蜂を入れ損なったらしい。 
                                     残りをもう一度

  

女王が入ればみな入る          残らず収容するには ここで暗くなるまで待つ
  

暗くなり皆さん揃ったところでレッツゴー杣家へ!(振動を嫌うため乗用車に乗り換える)  
                   杣家に到着後 落ち着かせるため出入口は朝まで閉鎖する

  

翌朝、正規の巣箱に移し変える
一週間くらいは逃亡のおそれあり。一回り大きい女王様が逃げないよう、出入口を狭めておく

   

な訳で、急報して下さった三品さん、撮影係も兼ね、ありがとうございました。 
     お礼に杣家の庭に咲く 銀モクセイをお届けします



        
                     三品さんの姪の西山歩さんは岐阜日日新聞の女性記者

   

初秋の杣家の庭



non_nonさんのマウスオンスライドショーによる裏庭の風景です
        

 


 









<

杣家から見た田んぼ










<
<
<
<
<
<
<


壁を這い上がるハツユキカズラ   


さてニホンミツバチは・・・
 群は逃亡と死滅により
   ただ今 1群だけになってしまいました

 巣の内部の様子は
   例によって底板を引き抜き
   カメラを差し入れて上向きでカシャ

 目算で500匹たらずでしょうか
 越冬する前にやらせたくり産ませたくり
   強群になって欲しいです




人間の越冬準備  備蓄は満タンです ガネ
       


                        
   

番犬 コクちゃん ♪  

             

       母親は猟犬のコッカスパニエルらしい                                  
                                         

   
プロフィール
  トップ頁へ


杣(そま)

  •             管理画面
  • 杣一の フリートーク
    アンの小箱から    
     
      


    記事の分類
    ご訪問 ありがとうございます


    ブログ内の検索

    全記事一覧 ( )内は件数
    リンク