ご訪問者 100名様 突破記念!

皆さん、こんばんは 

こないだの日曜日、一日のご訪問者数がついに100名様を突破し 名様を記録しました。
 
数週間前から80?90台の数値を行ったり来たりしていましたので、100名様突破が間近い予感はしておりました。
一台のパソコンでは一日1回しかカウントされませんので、一日で実に100名様以上の方が杣家にお越し下さった事になります。
一個人が趣味でやっているブログとしては、どうなんでしょう?この数値 
皆さんどうもありがとうございました。 
お一人お一人様には御礼を申し上げ様もなく、ここで厚く御礼申し上げます。 どうぞコメントを下さいませ。

ふざけたブログでございます。 これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます。
感謝の意を込めまして、少林寺拳法喜多山道院長・加茂雄司郎先生から贈られたとっておきの画像を記念投稿いたします




マリア シャラポア 21才 身長188センチ  ロシア出身
        
         
                  

       ヴィーナスウィリアムズなんかと戦わせたくない。       

まもなく山荘 とろちゃんの墓

まもなく山荘。 林道沿いに黄色い花が咲いています。
     

何という花でしょう?
     


           山荘に到着 
               

           最近かけかえた丸太橋
               

 敷地内には、7年まえに事故死した愛犬・とろちゃんの墓があります。
 火葬に出すのが可愛そうで、ここに埋葬しました。穴が浅いとタヌキ等に荒らされるので1メートル位、汗と涙で掘りました。
 向こうにあるのは親類の犬で、老死したナナちゃんの墓。
                

 とろちゃん達のすぐそばで墓守をしてくれる可憐な花。
       
 間違えないでよ、今いるのは 「コクちゃん」 

山之上の梨 「幸水」

岐阜県加茂郡の山之上。梨、柿、ブドウなどの産地で、この地方では昔から有名です。
道路の両側に即売所が点在しています。生産者に言わせると道路を隔てて味が違うとか。
     

     梨を収穫する同級生の都築クン。
     ゴルフ場のカートのお古を使っています。 あたま いー!
          

          収穫した幸水
               

               杣家は毎年10箱以上を分けて貰い、普段お世話になっている人たちに贈ります。
                    

          かぼちゃと小粒のなしをサービスしてくれました。自家用はこれで十分。
               

     さっそくいただきましょ。
          


    

                                 あま?い!

鍛冶屋のカジィーさんから焼き印が届いた!

かねてから、杣家の代紋である 「杣」 の焼き印を北九州市の鍛冶屋さん、カジィーさんにお願いしておいたところ先日、宅配便で届きました。 


    焼き印という道具を見るのも杣は初めてです。  
    タタキ上げの職人さんによる手作りの作品。 見るからに重厚で気合いが入っています。       
     

         初焼きを行います。 
          

              焼き印を打つなど生まれて初めてです。      ジュンッ 
               
        
        アチャー!    
          

   3回目でやっと成功しました。 
     

 杣ブランド、松の木プランター。 

カジィーさん、心のこもった作品、どうもありがとうございました。 杣家の家宝です。  

スノーボードは今が買い時!

“夏引き” をねらって先日、バートンのエアをゲット!
   

64才のきこりのお爺さんがこの板を履いて空を飛ぶなんて、誰が信じよう!
    でも飛ぶのだ。

ゲレンデに思いを馳せ、今夜はボードを抱いて眠ろうかな。
              
                                              

タラ と コシアブラ のその後

  春の山菜シーズンの主役だったタラの芽は、山荘の前庭でこんなに伸びています。 
     

          この花は? う?ん、この花は・・・君の名は♪   
             
    
同じく山菜の主役コシアブラは、山荘の裏庭に沢山あります。葉っぱが朴葉より少し小さい
     
どちらも葉を一杯に広げています。夏の光合成(こうごうせい)があってこそ、春の新芽が味わえるのですね。
山の秋はすぐそこに来ています。タラやコシアブラは間もなく葉を落とし、冬を迎える準備をします。  

山のアケビはまだ青かった。

山荘の前庭にまだ青いアケビが・・・。 
向こうに見えるのは我が敷地を横切る林道です。          
            

庭と言っても手つかずの山で。 自生のアセビの葉とゴチャゴチャになっています。      
     

アケビには三つ葉アケビと五つ葉アケビがあり、この辺はみな三つ葉アケビです。     
     
三つ葉アケビは実が大きく紫色に色むので、紫アケビとも言います。 あと暫くお待ちを  

ムカゴを食べる

近くの赤木さんとこの畑で山いもの実 (ムカゴ) がなりました。
   

鈴なりです。 このまま生食できるのですよ。
    

うちは食べないから全部採っていいよ、と言われた。 
そうお、では!     

弱火でコロコロと煎る。

冷たいビールのお供に、醤油か塩、お好きな味付けでカンパ?イ!    
   
ついでにトマトも赤木さんとこの畑から盗んできたものでした。        

小ぶなを捕る

農協でふなの餌となる粉ぬかをもらって来た。     「ウーッ」  
                                       
     

香りを出すため粉ぬかを煎る。
     

昔は「ハエビン」と言ってガラス製、よく割らかした。 今は釣り道具店にこんなのがあります。
     

近くの用水に沈めておいたら小ブナが一匹入っていた。
    

町っ子ののんちゃんと風太クンはおっかなびっくり!
     

えい、つかんじゃえ。
     

松の木の水槽に入れてあげました。     
     

場所を変えてハエビンを入れたら今度はこんなに入っていました。
     
                                                  

サンショウウオの保護

 ときに水源からサンショウウオの子供がホースに吸い込まれて来て、この水槽の底で生きています。
     

 しかしここではいずれ死んでしまうので、保護しました。
     

 ほんとにサンショウウオなんでしょうかねえ?
     

 いずれにしてもバケツにいれて水源まで運び、清流の中に放してやりました。     
     
 保護と言っても、もともと水源に居たのですから何も良い事をした訳ではありません。
 しかしおかしい。子供はよく見かけるのに親の姿を見た事がない。 これが親では?    
プロフィール
  トップ頁へ


杣(そま)

  •             管理画面
  • 杣一の フリートーク
    アンの小箱から    
     
      
    梅雨でもないのに、
    これだけ雨が続くのは、人生で初めてな気がします。
    外仕事ができず、体がなまってしまいます(-_-;)
    記事の分類
    ご訪問 ありがとうございます


    ブログ内の検索

    全記事一覧 ( )内は件数
    リンク