伯備線の蒸気機関車、D51

 貝塚いぶきという、名前も性格も一風変わった友人がおりまして
 彼が新婚当時の昭和47年、新妻をほったらかして仲間3人で岡山県の伯備線というローカル線へ3日間通い詰め撮影したという貴重な写真です。

よほど重い貨車を引っ張っていたのでしょうか、三重連結の蒸気機関車 D51!

この迫力! D51!

安・近・閑のしらおスキー場 布カイロでカメラを保護

先日の金曜日、郡上市白鳥町のしらおスキー場にボード遊びに行ってきました。

        写真の左下隅に写っているのが愛用の軽トラはなちゃん。
        中央の上方に見えるのがゲレンデ。
         

               ちびっ子スキー教室が始まりました。
               

子連れのボーダーもリフトに乗り込みます。


        平日のリフト代はたったの1500円、駐車場代もタダ。
        

     頂上に降り立ち、さあ滑るぞ、と。
     この日は気温が低すぎて体温が上がらず、コンディションはイマイチでした。
               
    *若いコばかりフォーカスしているとヘンタイ視されかねないのでこの辺で・・・。

杣ちゃんオリジナル!
  どのスキー場でもボードがよく盗まれるとの事で、ちょっと置いておくにも百均のワイヤ錠をかけておく。
  寒冷からカメラ電池を守るため、ケース内に布カイロを貼り付けておく。
       
                   

孫のおもちゃはリサイクル ブラジル三世のラウラちゃんと

杣家は孫におもちゃを買ってやらない主義、でも子供自転車は買ってやらねば・・・。
リサイクル店を回り、雨ざらしになっていたサビサビの子供自転車を千円でGet!

           注油してスイスイ。新品だったら1万円くらいするかな。
           良かったね、のんちゃん、これでいいもんね。
           
                    そんな方へ行くのかあ!
                    

次に 滑り台
床材の余りを3本つないだだけ。

           歩いて登れるよ。 
           
                    ちゃんと持っててよ、ジイジイ
                    

大きくなったら木に登ってジジのお手伝いをするんだ。


      一輪車、アパートのブラジル三世のラウラちゃんが羨ましそうにみていたので
           
                    一緒に乗せてあげた。
                    
        ジイジいっぱい遊んでくれるからノンちゃんジイジのことだあいすき 

薪ストーブの薪は備長炭の原木ウバメガシ、ムクノキ

 昨年1年間で貯めた薪の樹種は15種類以上にのぼる。植木どころ稲沢ならではの薪集めです。
 全部ただで頂いたもので、中にはお金まで貰って切らせて頂いたものもあります。
   

 高級な薪だけ並べてみました。左から桜、カシ、うばめ樫、ケヤキ、ナラ、栗・・・。薪ストーブがある家ならどれも垂涎モノ。本当に贅沢な薪ばかりです。
 どれも1年くらい干してカンカラカンに乾いており、非常に火持ちが良い。
 但し備長炭の原木と言われるウバメガシはコンクリートの様に重く、まだ乾き足らないみたい。
   

 これはムクの木。  ムクでこんな太い薪なら1本でトロトロと半日燃えています。
   
   
 ここんとこド寒い日が続いています。こんな時はあったかい部屋で一杯呑みながら、朝青龍め負けやがれ等と念じながら大相撲でも楽しんでいた方がよさそうです。
   

杣家の塗装グッズ キシラデコールとペイントうすめ液を収納

大工ついでに杣家の塗装グッズを見せちゃおう

               
 油性塗料を使った後のハケの始末は厄介ですね。
 ハケをペイントうすめ液で2回洗います。まず何度も使用した液が入った外側の缶でジャビジャビと洗い、缶の内側でしきます。
 次に内側の缶に入れた新しい液でジャビジャビと洗って同様にしごき、最後に古新聞で絞ってです。
          
                              
 使用後は缶の蓋をしておき、時々液を入れ替えれば何度でも使えます。
 以上、杣ちゃんのちょっとしたアイディアです。
                    

 ハケは針金を適当に曲げてハケ吊りを作り、掛けておくと邪魔になりません。
(油性塗料を使った後は、ハケをそのままにしておくと毛が固まってしまって使い物にならなくなるのです。)

               
 そして蓋をしておけばホコリもかからず移動も容易です。
                    

 一戸建て住宅ではちょっとした塗装は不可欠ですが、大抵おざなりになっています。
 このグッズの小型版を工夫しては如何でしょう。整理がつくので意外と邪魔に感じません。
 屋内は水性、屋外は油性の重ね塗りね。  塗装が楽しくなりますよ。

ベランダ作り Step1  レッドシダーにキシラデコール塗装

 昨年の春に熱田区、吉長自動車の外階段を作りました。
 雨ざらしなので耐水と日アセ防止に相当神経を使った。10年もたせたい。
   

 今回、その上のベランダ改修を請け負った。何でこんな所にベランダが必要かと思う。
   

 ベランダを上から撮影。  このクチャクチャなベランダをどうせよと言うのだ 
   

 まあ、趣味でもあるので引き受けました。 まず自宅でベランダの台作り。
 腐りにくいレッドシダー材ですが、過酷な屋外に設置するため更に念入りに塗装する。
  

 乾かしては塗り、乾かしては塗りの繰り返しで一週間を費やす。
   

 節目などにはアクリル系油性の木工パテを充填。こねるのが面倒ですが固まると強い。
    

 ビス止め作業開始。大きい直角を測る時はコンパネを当てる。
   

 板を差し込んで隙間を均等にしてビス止めする。値段は高いけど屋外用にステンビスを使う。
 釘と違ってビスは、気楽に打つと板が浮いたまま極まってしまう事があるので膝で押さえつけて打つ。
   

 雨対策のためビスをわざと深く打ち、穴にパテを充填する。半乾きになってから綺麗にならす。(ここまでする大工さんいる?)
   

 台が形になりました。
   

 現場に搬送し、腐れたベランダを取り壊してから取り付ける。
    

 玄関に灯がともる頃、何とか台だけ取り付けました。
    
  雨ざらしの場所の木工作のため格別な工夫が必要で、そのうえ設置場所が斜面であり現場も離れているため難度はかなり高い。
 次回は手すりを作ります。
 

母袋温泉スキー場 母袋豆腐店の燻り豆腐

 金曜日に母袋(もたい)温泉スキー場へ一人で行ってきた。
 夜明け前の出発なので前夜に準備は万端。


 イチコロ(国道156)をひた走り、朝8時すぎに到着。約5年ぶりの母袋。
 村営のひなびた温泉にひなびたスキー場。杣ジイと同じで歴史は古い。
             
ここは在職中、松原志保さんらと来た懐かしいスキー場です

 客は2?3人しか居らず閑散として淋しいくらい。
                           

 1本しかないこのリフト、大丈夫かしらん。係員も居ない。
             

 降り場に到着。 ハト小屋にオッサンが一人居た。

            
 ゲレンデ頂上からの眺め。
 ギャラリーが居なくて物足りなかったけど、ゲレンデコンディションはGoo!
 のびのびと滑り放題で技のチェックもマイペース、ご機嫌でした。
             

 昼に打ち上げて500円の温泉に入る。誰も居ないのを幸い、写真撮影した。
                           
             
 湯量はさすがに豊富です。冷え性を治すとか色々効用があるらしい。
              

 小さいけど露天風呂もあるよ。


 ウリは800円のケーチャン定食らしい。
 杣ちゃんはケチって550円のタヌキソバ単品。これでいいのだ。
              

 食堂は広くて昼寝が出来る。ここも客が居ない。
                           

 帰りに温泉のすぐ下にある母袋豆腐の店に寄った。
              

 700幾らかのいり豆腐を1本買った。


家に持って帰って撮影。 チーズ風で、ビールのつまみに最高でした。
  

 日頃忙しい杣ちゃんの道楽な一日でした。
 客が少なくてスキー場の華やかな雰囲気が出せなくて残念でした。


古壺ものがたり?耐酸瓶

      


  落ち着いた先は杣家の庭先  sigetanご免し、次は連絡するからね。 
   

秘技! 逆こけし

     
 高校時代に柔道場でふざけてやっていた逆こけし。今でも出来た!

 * 投稿後記 トリック写真だろうとの多くの知人の反応でしたが、マブ、マブ  
 但し一瞬のスナップです。こんなトロい写真撮影は元帥に頼むのはやらしいので、誰も居ない時に三脚を使ってタイマーで撮ったのです。10回目くらいに成功しました。今でも頭のテッペンがヒリヒリします。
プロフィール
  トップ頁へ


杣(そま)

  •             管理画面
  • 杣一の フリートーク
    アンの小箱から    
     
      


    ネッ、チュー、シヨウ

    の季節がやって参りました。
     

    記事の分類
    ご訪問 ありがとうございます


    ブログ内の検索

    全記事一覧 ( )内は件数
    リンク