テントウ虫のサンバ ♪

                                                                               BGM クリック →
孫の風太クンがジイジに教えた。 「これ全部 テントウムシのサナギだよ」  「これは幼虫 」  
   
「へ~~~ッ 」 ・・・ ジイジはさっそく写真に撮った   そして調べた  


テントウムシは、野菜、果樹の樹液を吸う害虫であるアブラムシを食べてくれる益虫の代表格だそうです。

左がサナギで、右は抜け殻かな?
    

脱皮後まもなく模様が表れた!
        

アララ ・・・ そこかしこにテントウムシが (._. )( ・_・)(・_・ )( ・_・)( ._.)  ♪
IMG_0420.jpg         

                    可愛いテントウムシに ポチっとクリック お願いします m(__)m →
                                                                                  にほんブログ村

そまや流 カンタン目立て

木登り伐採で愛用する玉鳥レザーソーSELECT 生木用 200mm 手ノコです。
何年ぶりかに新調。
ネット購入なので 送料を浮かすため替刃3枚を同時に購入した。



                                           替刃なので使い捨てですが、私は我流で目立てをします。

ここで杣家流カンタン目立てをご紹介

 ポイントは、押さえ板などの冶具を一切使わず、すべて手持ちで自在に動かし、明かりで反射する研磨面を見ながら研ぐ。

IMG_0328-3.jpg    

ヤスリを研磨面に沿って一回押し、研磨面が明かりを受けて反射したら、そこを更に1~2 回 こすり、全面が均一に光るようにする。
      

仕上げは刃先の尾根部分を傾斜に沿ってヤスリでひと撫で。 目立てが苦手な人は、ここの研磨だけで良い。
ここでも、明かりの反射を目安にする。
刃先の切れ込みさえ良ければ、切れ味が見違えるほど良くなります。

    IMG_0295-7.jpg

IMG_0389-8.jpg

   この手ノコを好むのは個人的理由で、

   木登り伐採という仕事柄、樹上から落としたら厄介
  だが、その点、オートロックケースなので 安心。

   刃長20センチと小ぶりなので、樹上でからまる枝を
  かい潜ることが出来る。

   刃が交互に開く "アサリ" が無いため、切り口が滑ら
  か。
   至難の技である "アサリとり" をする必要も無い。



冶具を使わないので手軽で、馴れれば短時間で出来ます。
              奥様ダンナ様、安物でいいので 目立てヤスリを買って来て一度試してみて


                            カンタン目立てにポチっとクリック お願いしますm(__)m →
                                                                                  にほんブログ村

足こぎ脱穀機!

 同期の兒島祐二クンが、「中古あげます譲りますサイト」 "ジモティー" で ゲットした昔懐かし "脱穀機" をもらい受けるため、遠く離れた三重県志摩市のYさん宅を訪れた。
 杣一も気晴らしについて行ったのです。              青色パーカーが兒島クン ↓
                                     


              タダでくれるというのにYさん方では、「遠いところを ・・・」 とねぎらいの言葉まで頂き恐縮。
                

ガーコンガーコン 「おお~~~ぉ ええじゃん!」   彼はこれを秋、大豆の殻取りに使うとのこと。


               ペタルを手で押してみる ・・・ バッチシ回る ・・・ アレっ! Yさんご夫妻、知らなんだの?
                

「千?切」 何と読むのでありましょうか? 右側のハンドルを回して大根やサツマイモをスライスする道具?
これはもらいませんでした。



               とうみ。 手回し風力で、もみ殻や塵を吹き飛ばす農具。 これももらいませんでした。
                 
 伝統農具を大切に保管なさっていたYさん。 兒島クンの 「死ぬまで大切に使わせてもらいます」 との言葉に、安心して手放された事でしょう。 
                          日本の伝統農具にポチっとクリック お願いします m(__)m →
                                                                                  にほんブログ村


雪が降る ♪ (アダモ)

                                                                  BGM クリックしてしばらく待ってネ →





                
                       そまやの雪景色に ポチっとクリック お願いします m(__)m →
                                                                                  にほんブログ村

明けましておめでとうございます ♪

                                                                    
                      
                                                                    
 



               


                



<>     
<

    荘厳かつ晴れやかな、箏(そう)と尺八の調べに、ポチっとクリック お願いします m(__)m ↓
                                                                            
                                                                                  にほんブログ村

国府宮神社 はだか祭 ムード昂まる


                                       
もとは、1250年前に始まった悪疫退散を祈る神事。 今では尾張地方に春を呼ぶ祭として定着しています。

天下の奇祭の舞台はここ、国府宮神社こと尾張大國霊神社(おわりおおくにみたまのじんじゃ) ↓ 
全裸の神男(しんおとこ)が、しんに触れようとするはだか男の群衆にもみくちゃにされながら参道を進み、楼門をくぐり、息たえだえに難追殿(なおいでん)に辿りつくという荒っぽい神事です。
   513-2.jpg

 杣ちゃん地区は今回、祭の前日に約4トンの大鏡餅を奉納するので、町には はやばやと、そして誇らしげに幟(のぼり)が掲げられています。


民家にも祭を待つ のぼりが!
   PC100255.jpg

地域の祠(ほこら)にも。                   杣家の薪ダナにも (笑
513-7.jpg    

そして いよいよ、区長さんから、奉納大鏡餅 "もちつき部" の法被(はっぴ)が届けられました。


まつりは来年の2月9日(旧暦の正月13日)、おごそかに且つ盛大に執り行われます。

                          はだか祭に ポチっと景気づけ お願いします m(__)m →
                                                                                  にほんブログ村
  

地域の消防訓練

きょうはお寺に集まり、稲沢消防署員のご指導で消防訓練です。 
    510-3.jpg

油火災の消火訓練
   

                             わーッ!
  

そしてホースをつなぐ指導
   510-91.jpg

次にホースを伸ばす訓練
まず署員が手本を示します。                            アチャーッ (-_-;)

    14801171001sR6Ocjmhj61QTs1480117099.gif 

                                  最後に、男も女も放水っ!
    

係官から講評をいただき終了。
都会ではかなわぬ地域のきずなは更に深まり、いざ何かあった時には、お互いに助け合えることでしょう。
510-6.jpg
 
                     いなかの消防訓練に ポチっとクリック お願いします m(__)m →
                                                                                  にほんブログ村
  

稲沢高校文化祭 ♪

稲高生の日奈ちゃんからのお誘いで、稲高祭に行きました。
509-61.jpg 

農業高校なので、主に生徒が作った農作物の直売です。

新鮮で安い野菜が人気です。
 


 

地域も高校生を応援します。




店も生徒、客も生徒 (._. )( ・_・)(・_・ )( ・_・)( ._.)  


子供をあやす生徒さん。 あッ、みえちゃんではないか!              「 日奈ちゃんはどこ?」
            

「あん中に居るよ 」                            ほいじゃあ一発、記念写真を ♪ 
    

                             稲高生に、エールのクリック お願いします m(__)m →
                                                                                にほんブログ村
  

今生の別れ ><;

  四半世紀ぶりにアメリカから来日した高齢の美子姐と玲子姐を交え、日本の姉二人、それに杣ちゃん夫妻の6人で、奥飛騨は平湯温泉、深山桜庵で一泊したのでありました

 浴衣姿の長女・美子姐と、二女・恵子姐。  
                      それを写す三女・玲子姐。 それを館内から写すオッカと四女・文子姐(右)

507-1 (2)    507-2 (2)
(笑)



 美子姐、玲子姐は杣家を拠点に10日間、懐かしい日本を満喫し、11月3日、中部国際空港から、今や母国であるアメリカへと飛び立ったのでありました。
1478319433M42WtrH9WwmjwOK1478319428.gif

         もうこの世では会えないでありましょう。 
              美子姐、玲子姐、あんたらは我等きょうだいの誇りです。 ありがとう。 達者で
 


                                  あとでオッカが泣いていた。
              祖国を飛び立つ二人の姉に、ポチっとクリック お願いします m(__)m →
                                                           にほんブログ村

アメリカから姉が来た ♪

アメリカに住む姉は二人で、86才と83才。 

赤貧芋を洗う終戦後の杣家。 
二人とも中卒後、別々に進駐軍のカフェで女給として働くうち米兵と結婚し アメリカに渡る。
のち離婚したりしたが そのままアメリカ人となる。
努力家の二人は、それぞれ公務員である看護師、森林調査員として働き、退職後はゆうゆう一人暮らし。
一人はワシントン州、一人はテキサス州。

二人は過去に何度か来日しているが、この10月25日、約 四半世紀ぶりに そろって来日した。
         

ウエルカム 美子姐、玲子姐  

戦後の混乱期から今日まで、日本とアメリカを股にかけて たくましく生き抜いた二人の姉は今ここに。

        そまやの庭で日本の秋を懐かしむ                  名古屋城の外堀で
    

                       二人の姉の人生に、ポチっと拍手をお願いします m(__)m →
                                                                                  にほんブログ村
プロフィール
  トップ頁へ


杣(そま)

  •             管理画面
  • 杣一の フリートーク
    アンの小箱から    
     
      

     
    千葉県の女子児童殺害事件に関し、
    不安がる児童に夜回り先生が語った。

      「悪い大人はほんのひと握り。
    その何百倍もの良い大人が
    いつも君たちのそばに いて、
     守ろうとしています。」 
     
    記事の分類
    ご訪問 ありがとうございます


    ブログ内の検索

    全記事一覧 ( )内は件数
    リンク