カブトムシだ~っ!

                  無題
                                                                      ぷくぷく絵にっき から



                  がおーッ


 カブトムシに ポチっとクリック お願いします
にほんブログ村

交通ボランティア

空地の樹木が生い茂って、一旦停止の標識が見えなくなった。

                      区長さんの了解を得て、アカメガシワを伐採した。
                       

杣一にとっては造作もない事   5分とかかりません。


                      もう芽吹きしない様、切り口にラウンドアップの原液を塗って完了。
                                       
                          交通ボランティアにポチっとクリック お願いします m(__)m →
                                                                                  にほんブログ村

アメリカの姉の家。

テキサス州サンアントニオ市に住まいする玲子姐が、自宅の写真を送って来た ♪
写真の右側半分を占める茶色の建物だそうです。

無題
遠すぎて、いまだ行った事はありませんが、オッカと二人、「いつか行きたいなあ.。oO」 と話しています。







   オッカは写真を額に入れて
  部屋に飾りました







    アメリカの姉の家に
     ポチっとクリック お願いします
m(__)m ↓
                          
                                にほんブログ村

用水路の雑魚たち

杣家のきわの用水に、小ブナとナマズの子がいます。


用水は間もなく干上がり、魚たちはカメに食べられます。


どうせならと、ナマズをすくう。

このナマズは、田んぼで先日まぐわっていた大ナマズの子供に違いない.。oO


ついでにザリガニやジャンボタニシも。


                       用水路の雑魚たちに、ポチっとクリック お願いします m(__)m →
                                                                                  にほんブログ村

用水のメダカ ♪

そまやの前の用水に ・・・


メダカが沢山 おりました

                             水路のメダカにポチっとクリック お願いします m(__)m →
                                                                                  にほんブログ村

手回しかき氷機 「初雪 HA-110 S」

あそび心で 買いました
大枚はたいて デッカイの買いました
わずかな余生に、かき氷ライフが追加されます

P6130143 - コピー (2)

                          古風なかき氷機に ポチっとクリック お願いします m(__)m →
                                                                                  にほんブログ村

ナマズの産卵

杣家の目の前の水田で、巨大なナマズが数匹うごめいていた!

         アリゲーターガーかと思ったゼ!
          

そのうち、あーっ!          まぐわったのでありました。
  ・
  ・
  ・
あれから数日、水田は干上がり、ナマズたちはどうなったでしょうか .。oO
                           ナマズの産卵に ポチっとクリック お願いします m(__)m →
                                                                                  にほんブログ村

テントウ虫のサンバ ♪

                                                                               BGM クリック →
孫の風太クンがジイジに教えた。 「これ全部 テントウムシのサナギだよ」  「これは幼虫 」  
   
「へ~~~ッ 」 ・・・ ジイジはさっそく写真に撮った   そして調べた  


テントウムシは、野菜、果樹の樹液を吸う害虫であるアブラムシを食べてくれる益虫の代表格だそうです。

左がサナギで、右は抜け殻かな?
    

脱皮後まもなく模様が表れた!
        

アララ ・・・ そこかしこにテントウムシが (._. )( ・_・)(・_・ )( ・_・)( ._.)  ♪
IMG_0420.jpg         

                    可愛いテントウムシに ポチっとクリック お願いします m(__)m →
                                                                                  にほんブログ村

そまや流 カンタン目立て

木登り伐採で愛用する玉鳥レザーソーSELECT 生木用 200mm 手ノコです。
何年ぶりかに新調。
ネット購入なので 送料を浮かすため替刃3枚を同時に購入した。



                                           替刃なので使い捨てですが、私は我流で目立てをします。

ここで杣家流カンタン目立てをご紹介

 ポイントは、押さえ板などの冶具を一切使わず、すべて手持ちで自在に動かし、明かりで反射する研磨面を見ながら研ぐ。

IMG_0328-3.jpg    

ヤスリを研磨面に沿って一回押し、研磨面が明かりを受けて反射したら、そこを更に1~2 回 こすり、全面が均一に光るようにする。
      

仕上げは刃先の尾根部分を傾斜に沿ってヤスリでひと撫で。 目立てが苦手な人は、ここの研磨だけで良い。
ここでも、明かりの反射を目安にする。
刃先の切れ込みさえ良ければ、切れ味が見違えるほど良くなります。

    IMG_0295-7.jpg

IMG_0389-8.jpg

   この手ノコを好むのは個人的理由で、

   木登り伐採という仕事柄、樹上から落としたら厄介
  だが、その点、オートロックケースなので 安心。

   刃長20センチと小ぶりなので、樹上でからまる枝を
  かい潜ることが出来る。

   刃が交互に開く "アサリ" が無いため、切り口が滑ら
  か。
   至難の技である "アサリとり" をする必要も無い。



冶具を使わないので手軽で、馴れれば短時間で出来ます。
              奥様ダンナ様、安物でいいので 目立てヤスリを買って来て一度試してみて


                            カンタン目立てにポチっとクリック お願いしますm(__)m →
                                                                                  にほんブログ村

足こぎ脱穀機!

 同期の兒島祐二クンが、「中古あげます譲りますサイト」 "ジモティー" で ゲットした昔懐かし "脱穀機" をもらい受けるため、遠く離れた三重県志摩市のYさん宅を訪れた。
 杣一も気晴らしについて行ったのです。              青色パーカーが兒島クン ↓
                                     


              タダでくれるというのにYさん方では、「遠いところを ・・・」 とねぎらいの言葉まで頂き恐縮。
                

ガーコンガーコン 「おお~~~ぉ ええじゃん!」   彼はこれを秋、大豆の殻取りに使うとのこと。


               ペタルを手で押してみる ・・・ バッチシ回る ・・・ アレっ! Yさんご夫妻、知らなんだの?
                

「千?切」 何と読むのでありましょうか? 右側のハンドルを回して大根やサツマイモをスライスする道具?
これはもらいませんでした。



               とうみ。 手回し風力で、もみ殻や塵を吹き飛ばす農具。 これももらいませんでした。
                 
 伝統農具を大切に保管なさっていたYさん。 兒島クンの 「死ぬまで大切に使わせてもらいます」 との言葉に、安心して手放された事でしょう。 
                          日本の伝統農具にポチっとクリック お願いします m(__)m →
                                                                                  にほんブログ村


プロフィール
  トップ頁へ


杣(そま)

  •             管理画面
  • 杣一の フリートーク
    アンの小箱から    
     
      


    中日新聞の新連載小説
    "とめどなく囁く"
    どう展開するのか、楽しみに読んでいる。


    今んとこ動きがなく、大して面白くない。
     

    記事の分類
    ご訪問 ありがとうございます


    ブログ内の検索

    全記事一覧 ( )内は件数
    リンク